2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

お役立ちリンク

  • blogpeople
  • にほんブログ村
    ブログランキング・にほんブログ村へ 

カウンタ

« 変わった話で ミソ・しょうゆ のこと | トップページ | 新年の事始め(パソコンで) »

2008年12月28日 (日)

熊本市電で師走を歩く

師走の街を熊本市電で歩いてみました


熊本の街中を、今だ市電(路面電車)が走っています。
当時から比べて、すっかり路線数は減ったものの今だ健在です。

少し前までは、全国各地で廃車となった年代物のレトロな車両 が
熊本の地へ運びこまれていました。 
それはそれで、何となく時代背景は違っていても
この城下町には妙に溶け込んでいました。


まず一番は、 熊本市中心部の東部にある 健軍町電停 の様子。

Shidenl081227073_2 車両の外装は、
  チョコレートブラウン色で、

 外見はレトロ調に収められています。

 装備は新型で 現行車両です。
 
 特に、トロリー風の集電ポールが眼に
 付きます。



(写真 レトロ車両 D-LUX 4. 1/640 S, F4, -0.3EV, about32mm, ISO100, RWL) 

ここの市電もモーターリゼイションの波に押され辛苦を凌ぎ、
市民の足の確保には並々ならぬご努力があるとか。



私も久し振りにこの市電を使い、
路線の終点まで足を伸ばしてみることにしました。

今では、1日乗車券 には、自分の行動範囲に合わせて選べる物が
幾種類かあります。 便利です。
使った券は 「市電・市バス 1日乗車券 区間指定 」 大人500円で、
市電は全区間 乗り放題、市バスは乗車区間が指定されています。
とは言え、バス区間も概ね市電と同程度の範囲です。


手始めに 健軍町電停まで行くことにした。
ここには 健軍商店街 があります。
昭和年間には 子飼商店街と競った程の市内有数の商店街であった。 
が、今は、当時の面影も少なく、所々にシャッターを下ろした店が眼に付きます。

それでも、今は年越し準備の買い物客で少しは賑わっています。
至るところで
鏡餅の大小が並べら、また、鮮やかなお飾り用の注連縄(しめなわ)も見えます。

見れば 否応なしに 正月が来るか と気も騒ぎます。
あるショッピングセンターの前では、気勢を上げて勇壮に杵(きね)を使った
餅つき も始まっています。

Machil081227083_4Machil081227086











(写真 師走の様子 D-LUX 4. 1/40 S, F4.5, -0.3EV, about30-25mm, ISO100, RWL)



今度は健軍町から市内の繁華街を抜け 新町界隈 まで行きます。

ここ 洗馬橋電停 から 新町電停 の間は、路面電車の専用軌道となっており、
珍しく遮断機 も2箇所で 稼動しています。 
また、上手い具合に周囲の建物ともマッチングし良い光景となっています。

Machil081227116











(写真 新町電停 D-LUX 4. 1/160 S, F5, -0.3EV, about60mm, ISO200, RWL)

この 新町電停 付近から 再び、一般道路へ電車は乗り入れますが、
軌道敷も一直線となり見通しも一段と良くなってきます。
車窓の両サイドには古い町屋など、また、歴史的建造物も見られて
城下町の匂いも色濃くなってきます。

いよいよ、終点の 上熊本駅電停 が近づきます。

Machil081227146  ボデーには、余りにも有名な
  某ラーメンの宣伝広告も鮮やかに
  染められています。

 ここ上熊本駅電停には、
  車両基地も 併設されており、
  数多くの車両が駐車しています。
 

  特別に思い入れのあるマニヤには、
  垂涎の場所といえるかも知れません。

 

  






(写真 出発待ちの車両 後部 D-LUX 4. 1/40 S, F5, -0.3EV, about24mm, ISO200, RWL)


隣接する JR上熊本駅 には、別の私鉄も乗り入れています。
昔は 菊池電車(正しくは、熊本電軌鉄道) とも言っていました。
レトロ調の車両のフォルムに大きなパンタグラフが似合います。
その形はいまの新幹線車両のそれと同じです、これぞまさに 温故知新 だ。

Machil081227127 ただ 現在の路線は、
当時の 終着駅菊池駅 までは行かず、
御代志(みよし) 止まりとなっている。

熊本県の北部、菊池平野へ向かう列車は、
郊外の田園地帯をコトコトと走り、
木製の車両が懐かしがられます。

昔ながらのモスグリーンは、
せめてもの後世への 贈り物 だろうか。












(写真 熊本電鉄の車両  D-LUX 4. 1/125 S, F5, -0.3EV, about35mm, ISO200, RWL)


こんな訳で 熊本市電の散歩 は終わりました。
これでも、所用時間はそれなりにかかりましたが、
欲を言えば あと2~3時間は欲しものです。

車窓から気が付いても、次の電停で下車できる余裕がありませんでした。


最後に、この熊本市電の路線番号には 2番と3番はありますが、
現在は 1番 はありません
このあたりにも、迫ってみようと思っています。



《特別に》

このブロク゛ 「ひのくに便り」  も、本年末で 一周年を迎えることができました。
記事の数は、およそ90件で、 4日に一度の割り合い です。
決して多いものではありません。
まだまだ、冗字・脱字・誤字や稚拙な文章で ご心配をお掛けしたことと思います。

来年も 気張らず  ひのくにの瞬  を 発信していきます。

de  ハッスルブレッド

« 変わった話で ミソ・しょうゆ のこと | トップページ | 新年の事始め(パソコンで) »

ニュース」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504147/43551226

この記事へのトラックバック一覧です: 熊本市電で師走を歩く:

« 変わった話で ミソ・しょうゆ のこと | トップページ | 新年の事始め(パソコンで) »