2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

お役立ちリンク

  • blogpeople
  • にほんブログ村
    ブログランキング・にほんブログ村へ 

カウンタ

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月28日 (月)

熊本城下に秋は訪れた ・・・ ?

このところ 熊本もすっかり初冬の兆し  NOV.28,2011

秋の気配もつかの間、すっかり季節は冬となっている。

近郊の山々から 紅葉便りも 聞かれることなく、
どうやら東側に位置する九州山地の山々は既に冬支度を迎えたらしい。


とはいっても ここ熊本には、銀杏城 と呼ばれる、銀杏とは深い縁のある名城がある。


ところが、街中の至る所にある 銀杏=公孫樹(いちょう) にちょっと異変が ・・・
というのも、葉の色づきが てんでバラバラ  なのだ。
既に、県庁プロムナード ・ 阿蘇くまもと空港に近い テクノリサーチパーク内の緑地公園
や 県民総合運動公園 などの、それは既に盛りを過ぎすっかり葉を落としスッカラカンの歯(葉)抜けの様態。

という訳で、名誉挽回すべく 熊本城周辺を足早に駆け廻った。

名木というものが幾本はあるが、馴染みは 「旧細川藩刑部邸(きゆうほそかわはんぎょうぶてい)」前のものであろう。 一般公道の傍にあり誰もが気軽に楽しめるもの。
樹木の形態もすっかり貫禄がでて威風堂々としたものだ。

Oshirog1_11112722013blog_1
堂々とした公孫樹  NOV.27,2011

この邸内までの小路脇には紅葉の木も植えられており、盛りの時期には見事なまでの風情を楽しませてくれる。

Oshirog1_11112722017blog_1
入口から白塀が続き、最初に出迎えてくれる紅葉 NOV.27,2011

Oshirog1_11112722031blog_1_3
これは 黄モミジ だろうか     NOV.27,2011

Oshirog1_11112722033blog_1
邸内の紅葉   NON.27,2011

実は、この邸内にはとっておきの 名木 があるのだ。 
この先の奥まったところに 「茶室」が設えてあり、庭内の紅葉 こそ 逸品なのである。 
撮影には 毎年出掛けているが、今回の分には画像を含めていない。
ぜひ、来季に訪れて秀逸な写真をお撮りいただきたいと願う。
そう、撮影時間は 午後 陽が傾く頃が良いチャンスといえそうだ。


一しきり、三の丸 から 二の丸広場辺り まで歩いてみた。
日曜日とあってか、日頃は比較的空きの多い 「三の丸駐車場」も満車御礼。
当然のことながら、天守閣の登城口には人・人・ひと の波 ・・・だ。

行幸坂(みゆきさか) 登りの左手にも、銀杏並木がある。
今はすっかり 「城彩苑」が建ち 少し様子が変わってはいるものの、
昔ながらの並木道は残されている。

Oshirog1_11112722065blog_1
行幸坂から 城彩苑 を望む  NOV.27,2011

Oshirog1_11112722082blog_1_6
城彩苑傍の 銀杏並木  NOV.27,2011


幸いにも お天気に恵まれて、羽織るものも一枚少なくてよいほど。
久しぶりに徒歩で動いてみた。 程よい疲れで ウォーミング・アップが図られた。


de  ハッスルブレッド

2011年11月19日 (土)

熊本空港 夕日と飛行機

待ちに待った 夕日と飛行機のコラボ  Nov.19,2011

今シーズン、いよいよ 阿蘇くまもと空港 で、一大 空の饗宴 が始まった。
去る11月15日(月)、この日辺りから熱心な飛行機マニアがここへ集っているが、
なんと言っても お天気と太陽と飛行機 は、 「あなた任せ」であり、
これに加えて カメラマンの技量 が問われる、なかなか難しい写真撮影である。

11月15日、RWY25エンド(滑走路の東端)寄りに陣取ったものの、
飛び立つ飛行機は反対の西方向へ飛び去る有様。
思い通りいかないことも、それなりに面白いものではある。
離陸する方角が種々の条件で変わることもあり、素人の感ではままならぬもの。
時にカンパニーラジオで聴取している方にはそれなりに心構えができている様子。

この日は、陽の沈む方位が 247度(東回り)付近であり、滑走路上を右斜めにかすめた。
これだと、機影は斜になって 今一つ 絵作りがしっくりとこないものだが ・・・ 。

Kukoug1_11111521577_blog
RWY07 からの離陸   Nov.15,2011

まだまだ、この時間帯は太陽の高度が高くて、太陽は白っぽく 空は夕焼けに染まってはいない。


続いての機体は、排気熱が片肺のみのもの

Kukoug1_11111521597_blog
機体に、風船をぶら下げて飛んでいるようだ  Nov.15,2011

翌16日は、やたらと空港周辺が賑やかしい。
ここ 阿蘇くまもと空港 には、民間機・自衛隊ヘリ機と県所有の航空ヘリ などが
駐機しており、これらの航空機が離着陸を頻繁に繰り返している。

この日は、何時とはなく自衛隊ヘリ機も数多く見られ、幾度となくエンジン音を響かせて飛びさっていた。

Kukoug1_11111621673_blog
これは 県所有のヘリ機 「ひばり号」  Nov.16,2011

夕日と飛行機 の絶妙な写真は、これからしばらくの間をおいてからのことになろう。
まだ、夕日は少しだけ滑走路の右寄りに落ちるし、高度もやや高い(RWY25から)。


ここの場所からの日没は、このような情景となっている。

Kukoug1_11111621682_blog
RWY25エンドからみた日没の様子 Nov.16,2011

熊本地方の天候は、11月18日から19日の間はかなりの雨降りとなっている。
さらには、20日(日)までは、天候も十分に期待できないという予報もあり、
次の出動日は、21日(月)が最速な日となりそうである。



≪写真のこと≫
撮影機材は次のものを使用
レンズ:     ライツウェッラ TELYT 6.8/400
ボディ:     パナソニック   DMC-G1
マウント:  マウントアダプターはパナソニック純正
三脚等:    ジッツオ、雲台(同社製品)、レンズサポート(メーカ製を一部改良)

  なお、レンズのフォーカス機構は、トリッキーなもので 「ロックボタン」を解除させな
  がら手動で合焦させ、その後、解放し固定させる仕様となっている
(注) 添付画像については、
          ○ 撮影時にカラーフィルタで色補正できる程度を限度として、
          フォトショップ「レベル補正」により 「レッド」要素を増やしています 
          ○ 画像は、ノートリミングでインターネット用としてリサイズしています

de  ハッスルブレッド

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »