2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

お役立ちリンク

  • blogpeople
  • にほんブログ村
    ブログランキング・にほんブログ村へ 

カウンタ

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月24日 (土)

X'mas イブ と 熊本・江津湖

タイトルでは 何とも似つかわしくありませんが・・・  Dec.24,2011
それでも  熊本のイマを伝えます。


先のブログで 師走の街中の写真が 「無いぞ」 と ご指摘をいただきましたので、
罪滅ぼしをさせていただきます。  ハイ !!


今日は12月24日、「クリスマス寒気」 とやらで、すっかり 氷漬けとなった日本列島。
ここ熊本地方も 寒気は厳しく、このところ 着太りで太ったダルマさん です。

街中は イルミネーションで飾られています。
特に、交通センター沿いの 「NTTビル」前にあるディスプレィーは特筆もの。

Machig1_11121122244_1
今年は一層に思考が凝らされています   Dec.11,2011


また、中心部にある通町筋付近の「手取教会」 。
こちらは、ディスプレィーもやや控え目。

Machig1_11121122286_1
教会のクロス  Dec.11,2011


また、近くにはこの様な 飾り付けも見られました。
サンタさんもご苦労さまです。   お疲れでしょうネ。

Machig1_11122022347_1
「五福まちづくりセンター」の玄関前   Dec.20,2011


木枯らしが一層強い22日には、近隣の「江津湖」まで出掛ける用事がある。
ウワサによれば 珍しい野鳥 が、熊本・江津湖へ飛来しているとか。
もっとも、この季節 この湧水地で越冬する鳥の数は相当なものだが、
はたして、素人が楽々と見つけ出すことが出来るものなのか ?

:と思いつつも、現地でお会いした写真仲間のお話では、
「意外と容易に写真に収められたヨ」とのコトであった。
湖のボートハウスの主人の話も、異句同音であることから、
きっと、幾多の鳥の中にあっても、目立ち易い鳥なのであろう ・・・。

だが、そうはいっても、残念ながら 目に留まることはありませんでした。


また、江津湖の周囲には遊歩道があり、上と下江津湖 を合わせれば
一周するには相当の距離となります。
それはそれで、自分の体力や都合に合わせてどのようにも調整は出来るものですが、
昼下がりの時間帯ともなれば、近隣住民の格好の散歩道で行き交う人も多くなるよう。

Ezukog1_11122222383_1
ゆったりと散策する人  Dec.22,2011  


湖面を漕回るには、格好の舟であろう。 一艘だけ留まっている。

Ezukog1_11122222381_1
和舟が、ただ一艘  Dec.22,2011

少しばかり時間がとれたこともあり、下江津湖の 「漕艇倉庫」付近へ回ってみる。

ここは、学校関係などの漕艇練習場となっている。
朝練は基より 授業外での時間帯にも湖上へ幾隻もの練習艇が漕ぎ出し鍛錬に
励む姿が見られる。

Ezukog1_11122222459_1
超スローシャツターでとらえた舟艇  Dec.22,2011


この湖、最近は湧水量の低下などにより、水位が極端に落ち込んでいるとか、
オールが湖底に触るのか ・・・ どうか ・・・  関係者の悩み となっている。
何時ぞやは、その回避策として シュンセツ が行われ、辛うじて難を逃れているとか。

所々には湖底がのぞき、鳥たちの格好の休み場所ともなっているが、
海からさほどの距離もない場所ゆえに、、
餌を求めて カモメ も群がり、ここに既得権を持つ鳥たちとで小競り合いが始まる。

Ezukog1_11122222424_1
悠々自適のサギ軍団  Dec.22,2011


今しばらくは、冷え込みも厳しいだろうが、
野鳥たちには 何の々々 どこ吹く風 だ。 

ただ、さすがにこの日の冷え込みは厳しいものだった。
もう少し待てば、日没となるのだが 早々に退散せざるを得なくなってしまった。


de ハッスルブレッド

2011年12月12日 (月)

Macな日々 (その続き)

パソコン環境も変わった   Dec.12,2011

メイン機種のプラットホームのOSが、 Windows から OS X へと変わったのが今年9月。
やっと、使用環境も一応安定してきたので、これまで手間取った事について綴ってみる。



≪パソコンのこと≫
 
デジタル写真の画像ファイルの管理を iMac へ一元管理することにしたことから、
   写真データの保存・管理の方法を再構築する必要が生じた
   ○ 当面は、LaCie 2TB(外付けHDD)を準備したものの、先々は、バックアップの面
        から 「TimeMachine」 や 他の媒体への保存を考慮しなければならない。
   △ USBポートの使用制限を緩和する意味から、HDDとの接続は「FireWire800」と
    し USBポート は確保した。 転送上での速度は USB3.0 には及ばない模様

≪画像ファイルのこと≫
1、 EXIF情報
 
   「レンズマウントアダプター」 を使用した撮影
     基本的には、レンズの各種情報はボディー側へ転送されないことから、撮影時には
   「絞り値」「焦点距離」などのデータが生成されず EXIF情報 には存在しない

2、 EXIF情報の編集 
     「EXIF情報」を編集するアプリケーションは種々存在するが、OS X においては、
      Mac の 「ターミナル」上から 「exiftool」 を使用する 
   ○ 操作は簡単ではあるものの、使用言語の記述に疎いことから、常用できるまでは
       やや難儀であった。  フリーソフトということから贅沢はいえないだろう

3、写真ファイルのリネイム
  デジタルカメラの機種を識別するためには、撮影後にファイル名を一括で変更したい
    必要がある。 リネームできるソフトには 「Shupapan」 を使っている

4、閲覧用のビューソフトは、「Picsa」や「iPhto」など種々のソフトが存在するが、現在、
     「iPhoto」については、ソフトの必須占有エリアが膨大となることもあって使用を控えて
     おり、Adobe photoshop 添付の 「Adobe Bridge CS5.1」 を 常用中

5、OS X においては、作業用色空間 を Adobe RGB に指定し処理を行っているが
  Web用へ変換した後の色彩が自然さにやや欠ける状態
     (注) 引き続き、設定値などについて、引き続き検証していくことが懸案

≪賀状作成≫       

年賀状作成を、Mac アプリ 「はがきデザインキット」 (Adobe Air アプリ)で作成。
  ◎ 「はがきデザインキット」はよくできたソフト だ   

  ● ただし、 使い勝手が分からないまま、特に「印刷」過程で挫折を味わい、作業半ば
        にして放棄するという事例を Web上で多く確認した。

  [要点]  1、文面作成の開始時に、[文面イメージ]のスケールを 最小スケール とする。
         ただし、作業に際しては、ドキュメント類の貼り付け や 文字挿入の際に、
          これでは視認できない(スケールが小さい)ことから、作業開始の直前に
         「文面イメージ」がはがきと同一サイズとなるよう 拡大・縮小スケール で
                     [文面のイメージ]を拡大する。
         
         (注)この設定を踏まなければ、印刷のサイズをどのように変更し、はがきサイズを
                        指定をしたとしても、はがきサイズ での印刷は困難

 

  de  ハッスルブレッド

熊本の師走は

熊本もすっかり冬支度 本番  Dec.12,2011

数日前から急に寒気が一段と厳しくなってきたナ ・・・   
と 思ったら 案の定   阿蘇の山々に雪が積んだ とのニュースが飛び込んできた。
北風とともに 冷たい風が 流れ込んでも、阿蘇の山に雪が積めば、
平野部でも一層にその寒さは厳しくなる。



このところ、ブログへのUPが滞っていた  (言い訳は 後のほうで  ・・・ )


先のブログでは、「公孫樹」の見頃にバラツキがあったと述べたが、
いよいよ、熊本の市街地でも、そのピークが来たようだ。


熊本城内 「飯田丸櫓」の一本の公孫樹は、ほぼ見頃を迎えた。

Oshirog1_11120322188_1blog_2

Oshirog1_11120322211_1blog_2
最高の公孫樹   Dec.03,2011



ちょっと、場所を変えて、 阿蘇くまもと空港 へ 撮影に向かった。
これまで、幾度か天気の具合いが良い状態があったものの、
所要で撮影もままならなかった。  久し振りだ。

夕日は、その途中までは最良の状態であったとしても、
何時ものことながら、日没直前に 憎き暗雲 に祟られることが多い。 
この日も やはり そうなってしまったが、
それでも、雲の隙間に機影を捉えたが ・・・。

Kukouc7d_11120422025_1blog
雲の隙間の機影   Dec.04,2011


また、熊本地方には、師走を迎えた 申の日(暦のうえで12月 第一申の日) に、
奇祭「甘酒まつり」が 宇土市 山王神社 で開かれる。
古くから代々伝えられたこの祭りは、
祭り主役の申(猿)役の若手が年とともに減少していて、運営も困難を極めている。
それでも、懸命の努力により、毎年、伝承行事として今なお受け継がれている。

Amazakec7d_11120722153_1blog

Amazakec7d_11120722217_1blog_9

Amazakec7d_11120722380_1blog_2
奇祭「甘酒まつり」   Dec.07,2011 



いよいよ、師走も半ば もう直ぐに クリスマスや年末始 だ。
この日は、ボーナスサンデーで少しは街も賑わっている。  はずなのだが ・・・
と、夕食後に熊本市内の繁華街へ向かった。

何時ものことながら、イルミネーションも飾られてはいるものの、
何となく様子が違う。 そう感じた。

世の中、不景気だけが 表に出ている。 街中を歩く人の顔には、明るさ というか、笑みが少ない。  
もっとも、ヘラヘラ笑って歩いても サマにはならないものだが。
せめて、煌びやかな ネオンと 電飾 だけは、この時期 盛り上げて欲しい、
このことで、通りには人出も増え、その分 活気も期待できるはず。
暗い夜道は、ただでも怖く とても安心して出歩く気分にもなれません ので。

「節電」の精神は、ムダを省いて供給電力量の許容を満足させること と
節約の精神を育むこと などにあることだろうが、 
はたして、この夜間帯に限り これが当てはまるのか と考えたとき どうなのか。

発電所で作られた電気は、原則 蓄電はできないもの、 だからと言って、
瞬時に発電量を低減できる仕組みの発電所は、どれもこれもとは行かない。
高機能の発電所は、少なくとも ならし運転 程度の維持運転が必要であるだろうし、
運転を停止するほどの稼働停止は ないはずだが・・・。

決して、ムダな電気の使用を勧める必要はないが、使い手が必要とするものは受益者の負担で電気代も支払っていることであろうから。
はたして、夜中の電気は 供給と消費 の関係から どうなっているものか。
この点をわきまえたうえで、「節電」の意味するものを考えておくことも必要であろう。

このサムい世の中にあって、
せめて 年の瀬くらいは 少しだけでも 「世の中」 を明るい光で 照らしてほしい  と、
願いたいものである。  
このことで、お互いが 潤うとすれば 大変に良いことではないか。

de ハッスルブレッド
 

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »