2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

お役立ちリンク

  • blogpeople
  • にほんブログ村
    ブログランキング・にほんブログ村へ 

カウンタ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年1月

2012年1月10日 (火)

熊本の新春百景

2012年の元旦は、穏やかに開けました。  Jan.10,2012


昨年末の「クリスマス寒波」も和らぎ、ご来光こそ拝めなかったものの静かに開けた。

年頭は 三社詣り で始まるが、今年は近郊にある「浮島神社」へ出向いた。
お晦日から 社殿傍の池へ 「浮き明り」を浮かばせる とのことであり、
期待して神社へ向かったものの、残念なことに池には川霧が出ず、
また、肝心の「浮き明り」も数が少なく少し興冷めとなってしまった。

ここ 「浮島神社」には、その名にあやかって、一風変わったお守り がある。
それは、魚釣り用のウキの形をしており、コマ状のものやウキそのものの形だ。
初詣りであったことから土産として3個ほど買い求めてみたが、
家族の期待は意に反して、予定外で 振るまいの数 に不足を生じることになった。



まだ時間的に早いのか 鎮守の神様 へのお詣り客も疎らの感じ

Ukishimag12012010122875blog_1
人影も疎らな浮島神社   Jan.1,2012


通常のお詣りは まず 近所の氏神さま からすスタート。
徒歩で10分ほどの距離にあり、その時は参拝者もさほど多くなくユックリとお詣りが
出来ることがうれしかった。
すでに、詣でを終えた人も この大楠(ここではこの字を書いている)の急な石段を
下っている。


Kitaokag2012010122895blog_1
石段を降りる参拝者  Jan.1,2012


次は、無料開園された「水前寺公園」内の 「出水神社」へ
JR熊本駅近くからは、かなりの距離もあることから路面電車を使い一気に
東方面へと移動。 (初めての参拝順序)
「出水神社」には、境内に「神水」なるものが湧き出ており、長寿への恵みを
皆が期待している。 
というのも、家で飼っている 愛犬の「もも」が、クリスマスの頃から具合が良くなくて、
食欲もなく生気も絶えていたため、この「神水」で回復をさせてやりたいとの願い。
飲料水のボトルを飲み干して 「神水」をいただいてきた。

 (注) 「もも」の体調は正月三か日が終わろうとする頃から、食欲もやっと出て、
     何時もの元気が戻ってきた。  大変ありがたく思っています

Izumig12012010122915blog_1

Izumig12012010122922blog_1
水前寺公園には 東海道 を模した庭園がある
Jan.1,2012


いよいよ、順路は熊本城へと近づく方向へ。
ここ「手取八幡宮」は、すっかり廻りをマンション群に囲まれて、
こんな場所に由緒ある神社があるものか と、驚くばかりである。
ここのご神木の公孫樹の木には、注連縄が懸けられ、霊験さもまた格別で、
特別なものとなっている。

Tetorig12012010122933blog_1
公孫樹の木と注連縄   Jan.1,2012


この後は、熊本城内にある 「熊本城稲荷神社」と「加藤神社」
もっとも、ここは熊本城へ入場して本丸傍を抜けたほうが格段に便利だ。

さすが、この「加藤神社」の参拝者の数はすごいもの。
列に並んでのお詣りには どのくらい時間を要するものだろうか。
気持を込めて、傍から拝んで終わりとした。

Oshirog12012010122962blog_1
破魔矢が無数に   Jan.1,2012


松の内の締めくくり 「七草かゆ」がいたる処で開かれる。
面白いことに、「草の呼び名」が異なることも奇妙だが、
語呂合わせで暗唱したことも先人の知恵か。
せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ で トントンだったが、
セリ、オギョウ、ハコベラ、ナズナ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ ときたら、
ウ~ン と、一瞬 口籠ってしまった。

Ukishimac7d2012010722463blog_1

Ukishimac7d2012010722547blog_1_2
いずれも、「浮島神社」 七草がゆの神事  Jan.7,2012

新年の天気は寒気も和らいで、初年のよいスタートを切った。

熊本県域は良質の地下水に恵まれ至るところに遊水地がある。
特に「江津湖」は格別であり、その水域は特別の広さを誇っている。
今頃は、野鳥の越冬のために飛来している鳥の数は無数であり、
とても素人では数えきれないものである。

だから ・・・ 無数というわけか ・・・

Ezukoc7d2012010722558blog_1
お馴染みの鳥たち   Jan.7,2012

すっかり、昨年来 特別ニュース となった あの 「カリガネ」
今頃では、すっかり地元ではやや当たり前となった その主も、
1月7日 現在においても、盛んに食草する姿を確認することができた。

Ezukog12011122622466blog_1
江津湖のカリガネ(2011年撮影)   Dec.26,2011

消防出初め式は、各地で出し物にそれぞれの工夫が凝らされている。
熊本県・南関町には、今でも手押しポンプで放水を行う「放水合戦」があり、
新春の風物詩ともなっている。

こちらは、白川の河川敷で行われている 熊本市「出初め式」のアトラクション
「放水」のパワーは動力ポンプのため、上空を舞う ヘリコプターも油断はできない。
その様は圧巻としか言いようが無いほどである。


Dezomeg12012010823001blog_1

Dezomeg12012010823024blog_1
熊本市消防出初め式   Jan.8,2012


駆け足で新春の出来事を取りまとめてみました。
これからも、火の国ならではのローカル色豊かな行事もたくさんあります。
伝承行事も昨今の事情で、継承していくことが難しくなってきた と聞きます。
せめて、ドキュメントとして記録に残すことができればと願っています。

de  ハッスルブレッド



« 2011年12月 | トップページ | 2012年4月 »