2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

お役立ちリンク

  • blogpeople
  • にほんブログ村
    ブログランキング・にほんブログ村へ 

カウンタ

« 2012年1月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月20日 (金)

肥後の町から花だより

肥後は サクラ も終わり、次の花は ツツジ  となる
きっと、その間には ハナミズキ も 咲くのだろう ・・・


熊本 川尻(かわしり)

熊本市の南部に川尻という町がある。
この辺りには
幾つもの刃物店が軒を連ねている。 
その昔の技術は今へ引き継がれており、時折、槌(つち)の音が
聞こえている。

C7d_120417_24226_2
槌音が響く刃物製作所


旧道沿いに ハナミズキの花 が街路樹として植樹されている。
まだ咲き誇ってはいない。

C7d_120417_24177
ハナミズキ


ここ付近では、今となっては珍しい 工場のエントツ も見られる。
すっかり鳴りを潜めたエントツだが、町なかでは ほとんど見掛ける
ことも出来なくなった。

C7d_120417_24181
造り酒屋のエントツ


この タヌキ このお酒を飲んで ほろ酔い加減となってはいないだろうか。

C7d_120417_24238
タヌキ寝入り の直前か ?



田原坂(たばるざか)  Apr.19,2012

熊本市に編入された 植木町 に ここ田原坂。
明治年間において、特筆されるものに 西南戦争 があって、
長期間に及んだこの戦争の中の激戦地の一つがここ 田原坂 である。

今では、すっかり道路も整備され、容易に車も行き交うことができる。
その丘陵地は 「田原坂公園」として、その面影の一塊を後世に残している。

C7d_120419_24264
よく見ると 金峰山一帯 として、括られている

C7d_120419_24318
一角には、休憩所も併設されている


花は ハナミズキ が咲いてはいるものの、空模様が生憎く悪くて、
色乗りがよくない


C7d_120419_24289
ほぼ満開の状態

公園の ツツジ を見下ろす場所に 一本の八重ザクラ と思しき花が
精一杯に咲き誇っている。

C7d_120419_24313
咲き誇る 八重ザクラ

では、肝心の ツツジの花 はどうか というと・・・

C7d_120419_24293
白い花の咲き具合は、まだまだ先となりそう


しかし、一部の株の色付き花は、ちらほらと 美しく咲いている

C7d_120419_24301
この株は 早めに咲いている


このところ、気温も一気に上昇し 夏日となった日もでてきた。

間もなく、ゴールデン・ウィークを迎えるが、
連日の好天気に恵まれれば 花咲きも良くなることでしょう。



de ハッスルブレッド


  

























2012年4月 8日 (日)

熊本 新幹線開業から一周年

この春、熊本は九州新幹線が全線開業してから一年を迎えた Apr.8,2012

少し残念なことに、現在のところ 在来線の高架化が完了していないこともあり、
駅舎のみは旧態依然のまま。
しかし、久しぶりに訪れた方には、JR熊本駅周辺の様変わりには
ビックリ仰天 間違いなし ・・・

「ここは、どこだっけ !?」 と 呆気にとられることだろう。

という訳で、近況をお届けしたい。

Ekimae_120324_01287_1

駅前の高層マンション(熊本市内で一番のノッポビル)

Ekimae_120324_01348_1
JR熊本駅前の交差点

こちらは 駅構内の模様

Ekimae_120324_01332_1

人吉 の宣伝に一役かっている SL人吉号 など

Ekimae_120324_01344_1
新幹線の本数も今度のダイヤ改正で増便された


昼間に走る新幹線車両は、何度となく写真撮影を済ませていたが、
日没後の列車については、一度もなかった。

・・・ この日(4月7日)の日入りは、午後6時半すぎ ・・・

少し余裕をもって早めにホームへ駆け上がった。

新幹線の車両は700系や800系を使っているが、長距離へはノーズの
超長い車両が使用されている。
しかし、真正面からでは とても そんな形状は見て取れない。
ある程度、目前に迫ってきて、アッと驚きながらその実感が沸いてくる。

Shinkansen_120407_01932_1

つばめ358号(下り) 


Shinkansen_120407_01977_1
つばめ360号 入線の安全確認をする車掌さん

Shinkansen_120407_01995_1
みずほ606号  ヘッド部分に サクラが咲いている?

Shinkansen_120407_02028_1
回送中の車両

Shinkansen_120407_02047_1

Shinkansen_120407_02051_1
二枚はいずれも さくら570号



《カメラのこと》
カメラのシステムを変えて始めての夜間撮影。
これまでの ミラーレス機(4年経過)と比べて、とても ノイズ が少ない。
以前までは、とても ISO800 なんぞ 夢みたいなハナシであったものが、
今回は、正直なところ モニター(ピクセル等倍)で確認してもイケルのだ。
 
(注) 使用したレンズが、F4通し で さらに エクステンダー2×  を一枚付加 
          もっとも、手動フォーカス だから 成せる技ではあるが ・・・

とはいっても、常用では 低いISO感度 とすることに違いはないが。

また、オールド・レンズに望遠系を求めるとき、開放F値 の暗いもので
辛抱出来れば 比較的容易に廉価で調達することも可能。
たとえば、ライカ 400mm/f6.8 や 他メーカの 300mm/f4 など
贅沢に品定めができるものだ。

ただ、 一つだけ 「マニュアル・フォーカス」 という大きな制約も伴うが、
「フォーカス・アシスト」や「ピーキング機能」なるものは ピンボケ発生器
を返上してくれる   このことは大変有難いことである。

カメラボディーは、
ミラーレスタイプ が実に優位であることも間違いない。
いわゆる、「フランジバック」が短いことで、純潔種 以外も 容易に受け
入れてくれる寛大さも併せ持っているからだ。

de ハッスルブレッド

2012年4月 1日 (日)

ひのくに熊本 はる爛漫

あれよ、あれよ と、一気に花盛り Apr.1,2012

三月の後半、相変わらず天気は愚図ついている ・・・と、
思いきや 急に安定。 
そのせいか、至るところ 桜が満開した。 

ここにきて、熊本県下は「春のイベント」も全開 !!

また、熊本市は 政令指定都市 として,4月1日 から 全国の仲間入りをする。


そんな訳で、三月末から 熊本市内では、桜満開の 熊本城界隈や周辺において、
色々な催し物が目白押しだ。

特に、二の丸広場では 「城下町くまもと おどり」が、 JR熊本駅周辺から 城中心部
あたりまで 「城下町くまもと 時代絵巻」が繰広げられた。

C7d_120331_23861
熊本城 備前堀


C7d_120331_24024
人力車も一役


C7d_120331_23928
本場のおどりを お手本に


C7d_120331_24149
甲冑を纏って


C7d_120331_24095
名優が扮する 加藤清正



また、県南部の人吉市周辺 も桜の見事さでは負けていない。
久し振りに、SLの雄姿 を見物に行った。

かの SL人吉号 は、JR熊本駅~人吉駅間 を およそ2時間半で走るのか。
自宅からの出発が少し遅くなったせいで、途中は見向きもせずに目的地点へ。
それでも、球磨川の沿岸には 至るところ 満開の桜 が出迎えをしてくれる。 

たしかに、絶好ポイントには、カメラマンがズラリと砲列を敷いており、とても
とても、一錐の余地もないほどに ひしめきあっている。
やむなく、少し先寄りのポイントでカメラをセッティングして撮影を済ませた。

Snex7_120401_01618
無人駅を疾走する SL人吉号


Snex7_120401_01646
西人吉 のビューポイント


Snex7_120401_01654
雄姿 SL人吉号


Snex7_120401_01661
撤去が決定された 荒瀬ダム


しばらくの間 ブログの更新が滞りました。 お待たせしました。
・・・ この間に システムの変更がありました ・・・

《言い訳》
○ ブロク゛作成用のパソコンで、特定キーが壊れ操作が不自由になった。
  (手立て)キーボード(ラップトップ型)の取替えは、キーボード一体で交換する
        とかで、別途 外付けキーボード を新調して対処
デジタルカメラ本体を、かっての所有者へ戻した ことから撮影頻度が低下。
     (手立て)ミラーレスタイプのボディーを調達し、一応の撮影レベルへ到達

この様なことで、何の理由にもなりませんが ・・・
引き続き 「ひのくに便り」を ご愛顧 ください。

de  ハッスルブレッド







  

« 2012年1月 | トップページ | 2012年5月 »