2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

お役立ちリンク

  • blogpeople
  • にほんブログ村
    ブログランキング・にほんブログ村へ 

カウンタ

写真

2013年1月14日 (月)

ひのくに お正月の風物詩 

お正月の年中行事は、それぞれに お国自慢 があるものだ。


熊本の 消防出初式

県北部の南関町 「南関町消防出初式」  それは全国的にも決して引けをとらないもの。  
歴史は古くて130年以上前 から伝えられたものだとか。    
寒風突く 関川 の中に入り、手押しポンプを水に沈めて勇壮に一斉放水を行う様は圧巻だ。 (1月12日)

一方、こちらは 白川の河川敷で行われた 「熊本市消防出初式」   (1月13日)  
式もさることながら、右岸に陣取った ポンプ群からの一斉放水は見事なもの。

2013011327235_blog

2013011327115_blog

2013011327258_blog

2013011327075_blog

2013011327217_blog


式次が始まる前から、川の両岸には大勢の見物人で溢れる。

2013011327091_blog



つぎは 何といっても 子供たちには待ち遠しい どんどや だ。

「みどりかわ湖のどんど祭り」 も有名。
20メートルもあろうかという位に高く積み上げられた やぐら。
火入れの後の 勢いはスケール感がまるで違うものだ。 
ただ、今年は残念ながら 現地へは行くことができなかった。


「フードパル熊本 どんどや2013」 は、北区の貢町で行われた。  (1月13日)
燃え盛った後に、めいめいが手にした長い竹竿に 餅 を括り付け、それでも負けじと火元へ向かっている。 
誰もの頬はすっかり紅潮し 小さな リンゴ を二つほどこしらえている。

2013011327327_blog

2013011327319_blog

2013011327325_blog
熱さに戸惑う少年

2013011327303_blog

2013011327399_blog

2013011327369_blog

2013011327383_blog

2013011327296_blog
寒さのためか、何時までも 火に手をかざしていた ご老人

折角の行事であったが、午後から天候は下り坂。  
時折、霙(みぞれ)交じりの小雨が降り始めた。


ハッスルブレッド

2013年1月 2日 (水)

ひのくに は 穏やかな新年

ひのくにの2013年

九州北部地方は積雪による交通規制がかかるほどであるが、ここ 熊本市 は穏やかに新年を迎えた。  風 一つない 小春日和である。


街中には正月を飾るもので溢れている。

Blog130101_19265b

恒例による 三社詣り は、まず近くの 北岡神社 からスタートしたが、ここ数年は 参拝者の数が少ないように感じた。

ここ 熊本城傍の 加藤神社 も、さして混んではいなかった。  最後列に並んでも30分余りでお祓いを受けられたほど。

Blog130101_19099b_2

Blog130101_19112b_2


この日の熊本城への入城料は無料扱いのため、お城下への移動には迂回がいらず城内経由のため最短距離で向かえる。


新年の運を占うのか、おみくじだけは どこに行っても大賑わいである。

Blog130101_19209b_3

ちなみに、私のものには 「神の教」として、 曇るかがみに姿は見えぬ、みがき上げようそのこころ と記してある。

こちらでは、こんな光景もあった。

Blog130101_19267b



今年の 初詣で は徒歩で廻ってみることにした。 全行程の1時間30分は徒歩だったが、カウント数もおよそ9700歩となり久々のウォーキングとなった。


街を通る 路面電車 にも 日の丸 がたなびいていた。

Blog130101_19297b


 
また、街中の 「通町筋」から望める お城のビューポイントは、ここ電停からでも素晴らしいものがある。

Blog130101_19301b

ハッスルブレッド

2012年12月15日 (土)

熊本市近郊へ冬鳥を求めて 

天気が一日おきに変わって、なかなか晴れの日が続きません。 久し振りに熊本県北へ出掛けてみた。

冬鳥が渡って来た頃、ここ玉名市の「横島干拓」へ来たことがある。
ここの干拓地一帯はとても広大で、野鳥を探すといってもそう容易くはお目に掛かれない。

以前、一群をなしたタゲリの集団を観察できたが相当に警戒心が強いのか、とてもとても 至近距離で
見れるものではなかった。

ところが、今回は農道傍の田圃に、しかもトラックや乗用車が行き交う所へ偶然にも
一羽の「タゲリ」がエサを獲っているではないか。 
車が走っているとはいえ、人影を察したら当然のことながら 間合いを広げるに違いないと、
車内からの撮影に及んだ。

いつもながら、遠方の撮影には被写体に応じてそれなりの機材を必要とするところだが、
今日の状況では さしてハイクラスの道具は必要とはしなかった。

この「タゲリ」   まさに 雌雄は別としても まさに気品さが漂う。

Tageri48292_b

Tageri16609_b

その後、「熊本牧場」辺りまで足を延ばしてみたが、特に取り上げる鳥を探し当てることはできなかった。 
その折に 「あおぞらじいじの徒然日記」 でおなじみのブロッガーの方とお会いし、
この地の ツルの観察 にご尽力されている苦労話をお聞きした。

ついでとばかり、さらに北へ車を走らせ荒尾の「蔵満海岸」へ行く。
さすがにシーズンオフなのか、小集団ではあったが幾らかの鳥類がエサを啄んでいたのみだった。
この頃から少し雨足が強くなってきたので、急ぎ帰路へついた。

ハッスルブレッド

2012年12月 6日 (木)

すっかり冬めいた熊本地方では

かなり厳しい冷え込みが続く熊本地方

秋を彩った紅葉も去って、まさに冬将軍の到来はすぐそこまで。
そこで、暖かい日を狙って、近くの野山や里を散策した際の写真をお届けします。

11月末から12月初旬の頃のものです。

この時期、ここ熊本地方にも数多くの冬鳥が訪れますが、特別なことでもなくごく普通
の小鳥たちも数多くみられます。

そこで まずは、不知火干拓地の圃場近くで見たもの
121128_14565_b

121128_14586_b_2

また、熊本市内にある 立田山の山麓 では
121130_14917_b

これらは、ごく普通に観ることができるものです。

また、花も寒々しい山野に色を添えていました。
121130_14990_b

一生懸命に働いている? 姿なのでしょうか
121130_15264_b



また、離れた場所では こんな光景も観られました。
今頃の季節は、雑草として扱われていた草も小鳥たちには格好の獲物となり、
エサ場を求めて 集団で移動しています。
この小さな鳥たちは防衛のためか集団で集まっている様子です。

この場所も河川敷きのすぐ傍で、周りには数本の柿も植っています。
121205_15775_b

121205_15816_b

寒さに耐えるため かどうか、なんとなく逆毛を立てて耐えているようにも見えますが。


ちょっと変わったところでは。  市街地の周辺部にある 益城、木部から、海岸近くの
沖新や畠口などでは、カラス類が数千羽と思えるほどに集まって給餌している光景も
見てとれます。  なかでもこの頃に渡来する ミヤマガラス は、何時も見るカラスとは異なり、
専ら 耕作地に降り立っていることが多いようです。


次は、耕作地ではなく 熊本新港へ向かう幹線道路の電線上に集結した鳥たちです。
121205_16018_b
少し風変わりな 個体も確認されます。


しばらくは、寒波の時期ですからフィールドワークも思うようにはなりません。
この時期、写真機材を車内へセットし撮影ができるようにと 車の仕様を変えたことから、
以前に比べて幾らかは楽に撮影ができるようになり、被写体への影響も大きく改善され
ました。

ハッスルブレッド

2012年11月24日 (土)

くまもとの秋 も終わりを迎える

このところの冷え込みで、熊本もすっかり冬の兆し。
ここの市街地の中心には熊本城があり、心なしか 冬の気配 も漂っている。

121120_13562_b
三の丸駐車場寄りの石段 (2012/11/20 撮影)


周辺の公孫樹(いちょう)は、20日頃までが盛りであった。 今頃はすっかり葉を落とし、
枝のみが残っている様子。

121120_13550_b
盛りの頃   熊本城総合事務所脇き  (2012/11/20 撮影)


また、旧細川藩刑部邸の紅葉は、辛うじて 逆光線によって何とか色目が見て取れる。

121120_13631_b
逆光線で辛うじて生える紅葉 (2012/11/20 撮影)

熊本城内にも大きな公孫樹の木がある。
今時分でも 楽しめそうな木もありそうなので、念のために 熊本城総合事務所
(TEL.096-352-5900)へ連絡されて入城するのが賢明と思えます。 


熊本市は周りを山々で囲まれている所。  もっとも西側には金峰山があるが、さほど
高さはなく700m弱だ。 南側には 雁回山 も在る。
これらを含むの山々では、山里から平地まで広い範囲に亘って いろいろな鳥 が姿を見せ、ごく普通に人々を楽しませてくれる。

121120_13374_b

121120_13508_b
里山で見かけた小鳥 (2012/11/20 撮影)


121121_14090_b
かんむり羽が見える (2012/11/21 撮影)


また、池の中には一きわ大きい鳥も見られた。 
初めて目にすることから 何という鳥 か、少し図鑑で調べてみたところ、
家禽(かきん)として、昔から人に育てられているものらしいことが判った。

121121_13905_b
池で泳ぐ家禽の一種 (2012/11/21 撮影)


この時期、天候が不安定であり、一日おきに 晴天/雨模様 の繰り返し。

ただ、家の中にいては 思うような写真 を撮ることが難しい。
しかし、撮影できる日は 一週間の中でも限られており、たまたま 撮影計画の日が
天候不調となったら 次の日への持ち越しとなる。
こんな訳で、ほとんどの撮影場所で単独行となり、同行したカミさんとの二人だけの
撮影となってしまう。  このパターンが良いか、とうかは よく分からないが。

ハッスルブレッド

2012年11月17日 (土)

2012年 「熊本空港の夕日と飛行機」 (記事)

2012年 阿蘇くまもと空港での恒例となった、写真撮影(夕日と飛行機のコラボレーション)
についてご案内します。

今年の「くまもと阿蘇空港」の滑走路の延長線上に沈む夕日を狙うには、おおむね11月20日前後が最適といわれています。

また、撮影には天候が一番に気掛かりですが、このところの天候不順には頭が痛いところです。  ここで、天気だけについて、結果と予報は次のようです。

11月15日(木)  快晴                             最高の日没状況でした
11月16日(金)    曇り                              雲量 大  ・・・  撮影には適さず
11月17日(土)    雨のち曇り                       期待 薄
11月18日(日)    晴れ(一時/ときどき)曇り     場合によっては、撮影可 ?
11月19日(月)    曇り(一時/ときどき)晴れ   同    上
11月20日(火)    晴れ(一時/ときどき)曇り   同  上
11月21日(水)    曇り(一時/ときどき)晴れ    同  上
11月22日(木)    曇り                              期待 薄

と、まあ あまり芳しくない天気予報となっています。

もっとも、晴れ/曇り が一日おきに変化していることが撮影に向くか否か 予測しがたいところです。 
ここの予報は予想として報じられているものです。 一応の目安として捉えてください。  
撮影に当たられる方は、必ず、ご自身によって直前の確実な現地情報を取得して行動なされるよう お願いします。

ハッスルブレッド

2012年11月13日 (火)

ひのくに地方の秋が深まっていく

このところ秋の気配がだんだんと深まっていく

久し振りに 熊本城周辺 を散策した。
ここを含め、廻りの街並みにも多くの公孫樹が植えられているが、
面白いことに、それぞれの 色づき時期 がバラバラというのも不思議だ。
確証はないが、「県庁プロムナードの銀杏並木」は、もう既に盛りを過ぎているだろう。

二の丸広場を下りたところに旧細川藩の刑部邸がある。
ここには、熊本市内でも数少ない 紅葉の木 が植えられており、シーズンには見事な
色づきで 訪れた人を楽しませてくれる。

Snex7_12289_b

Snex7_12307_b

Snex7_12321_b


また、奥まった茶室の庭には、ひときわ異彩を放っている古木も見ることができる。

Snex7_12271_b



Snex7_12275_b

その時、仔細を知った方が近づいてきて話をされる。
「周辺の若葉がさらに色づけば、もっと見応えがありますヨ」と教えてくれた。
それらの木々の青さから、あと数日は掛かるような気がする。

帰り道は、今一度 二の丸広場へ出て、その下にある「城彩苑」を抜けるのが、
都合が良いので テクテクと 坂道を下ってくる。
この付近は、「行幸坂(みゆきざか)」と呼ばれており、今では、熊本城への入り口
「城彩苑」との繋がりで観光順路が少しだけ変わったような気がする。

ちょうど建物の傍には、古くから植樹された「公孫樹」や「ナンキンハゼ」も堂々と
その風格を誇示している。

Snex7_12347_b

また、熊本城から西側は 「本妙寺」や「金峰山」が控えており、山腹の至るところに、
黄葉や赤く色づいたハゼが散見できる。

冬鳥も盛んにさえずり賑やかな様子だ。
N1_45640_b
鳥     (撮影 20121112)

無意識のうちに現れた。
ギョットしたものだ。
全く突然のことだったので ・・・、
きっと、旨いエサがあるのだろう。

まだまだ、多くの鳥が見られる。 この季節ならではのことだろう。

ハッスルブレッド

2012年5月 5日 (土)

熊本・内大臣橋のブッポウソウ

熊本の山懐深い 山都町(旧矢部町)にある 内大臣橋
2012年の5月4日 ブッポウソウの初見

今ではすっかり 衆智の事項 となった ブッポウソウの営巣地。
既に、この日は先客が二組お出であり、その中のお一人方の話によれば、
「午前7時頃、飛翔するものを見た」 「枝に留まったのは、一回だけだった」
との情報。


この時期ともなれば、毎年 多くの観察者やカメラマンが訪れている

我々もGW(ゴールデン・ウィーク)の頃ともなれば、 とても気が気ではない。
昨年は、アケボノツツジ(二上山)を撮影した後に、国道218号線から分け入って
観察に来たこともある。

一通り準備を済ませ、待機することしばし、だが、一向に姿を見せてはくれない。
その間、「サシバ」や「サンショウクイ」 などを収めながら

ただただ、遠いこと遠いこと  もう一つ  遠い  ! ?

決して、良い写真ではないかもしれないし、写真とは言えないかもしれないが、
それはともかくとして 一枚アップ。

Buppousousnex7_120504_03585_1



・・・ 待つ・待つ・待つ

ついに、ポイントの 送電線の電線上に二羽 を視認
(同日 12:05 JST 頃  飛翔する ブッポウソウ May.4,2012)


撮影環境について>

場所        内大臣橋 左岸
撮影距離    被写体まで およそ 200 メートル
撮影機材  ボディー  APS-Cサイズ のミラーレスカメラ
                  
レンズ    ライカ 400mm / f6.8(実絞り F8
                  雲台    ジンバル形式
                 三脚   耐荷重 10kg 相当以上
                  その他    振動防止策のため、Markins社ブラケットを使用

その他    撮影は準逆光線などのため、ブッポウソウ本来の色彩 等が
        上手く再現されておりません。 
技術未熟と環境条件 により


しばらく、この件でブロクへのアップを見合わせていましたが、
近隣の愛好者の方が、片道50kmの遠路を幾度も通う程の執着心がお有り
であることから、あえて記載しました。


ところで、この橋(左岸)の周りの状況が大きく変わっています。 
たしか、昨年頃から行われていたように記憶していますが、
送電線鉄塔周りの樹木が伐採されスカスカとなり、多くのところ空が透けて
見えます。

今日は、思ったように ブッポウソウ の姿を確認できませんでしたが、
長い旅の後だけに、しばらくの間 安住の地 を求めて、
また、
環境に馴染むため の行動をとっているのかもしれません。


また、後続の観察者の方から、こんな コメント もいただきました。
  「し ・・・・・ 静かに、そーっと」
  「き  ・・・・・  気をつけよう、写真  人への迷惑」
  「ち  ・・・・・  近づかないで、野鳥の巣」

まずは、最新情報としてお届けします

ps  関西方面からお出でいただいた 男性の方
   撮影途中で 沢に カメラの道具をお忘れになった とか  ・・・ 

     その後、事態は解消なされましたか   

de ハッスルブレッド


2012年5月 2日 (水)

熊本にもある土蔵と白壁

熊本にも 土蔵と白壁の町並みを 今に残している処がある

ここ 松合(宇城市松合町) には、当時の村づくりの経緯などから、今でも
漆喰(しっくい)で塗り固められた建造物が数多く残存している。

その後、大津波の被害 で、これらの建物もいくらかは消滅したものの、住民
挙げての保存への取り組みなどから、後世への遺構として存在感は大きい。

国道から少し離れ、当時の往還へ入れば 「ビジターセンター」が迎え入れてくれる。 また、道路沿いには 「松合(まつあい)の町並み案内図」があり、
初めての者にも 主だった建屋の場所 を丁寧に導いてくれる。


C7d_120501_24343_1
「ビジターセンター」の正面 数台の駐車スペースあり

大掛かりな駐車場 は無いようだが、当センターや公共施設「松合出張所」
などへ 問い合わせれば支障なく駐車などはできるものと思います。


C7d_120501_24447_1
「松合の町並み案内図」 (ただし、一部案内文などは写真では省略)



この場所を言わずに 松合の土蔵 はないくらいに、貫禄充分なもの。
ただし、写真に収めるには「脇役」の出番が必須でしょう。


C7d_120501_24475_1
「潮見坂」というだけあって、坂の下に海を望める


ここの石垣は、すっかり年季が入ったもの(丸っこいそれ)とお見受けする。
坂を下って来たご婦人は、これから 茄子 を植え付けに行くとか で、
ザルの中には数本の苗が入っていた。


C7d_120501_24384_1
のどかな 午後のひととき、茄子 は自給自足の一つかナ


こちらの土蔵、風雪に耐えた勲章が至るところにある

C7d_120501_24413_1
家の主に お断りを得たうえで、撮影をさせていただいた土蔵

続いては、手が入った 建屋のいろいろ

C7d_120501_24440_1

C7d_120501_24445_1


ここ 松合 は、過っては 肥後領地の中では一番の漁港であったとか。

その後「台風18
号」による 大津波 などで 船溜まり などの様子は一変し、
すっかり往時の姿を変えている。

また、中央付近にはモダンな休憩施設(トイレ併設)も新設された。
毎月実施される
「まっちゃの朝市」 は、
「この地に賑わいを呼んでいる」 と、近所の店主から説明を聞けた。

de  ハッスルブレッド

2012年4月20日 (金)

肥後の町から花だより

肥後は サクラ も終わり、次の花は ツツジ  となる
きっと、その間には ハナミズキ も 咲くのだろう ・・・


熊本 川尻(かわしり)

熊本市の南部に川尻という町がある。
この辺りには
幾つもの刃物店が軒を連ねている。 
その昔の技術は今へ引き継がれており、時折、槌(つち)の音が
聞こえている。

C7d_120417_24226_2
槌音が響く刃物製作所


旧道沿いに ハナミズキの花 が街路樹として植樹されている。
まだ咲き誇ってはいない。

C7d_120417_24177
ハナミズキ


ここ付近では、今となっては珍しい 工場のエントツ も見られる。
すっかり鳴りを潜めたエントツだが、町なかでは ほとんど見掛ける
ことも出来なくなった。

C7d_120417_24181
造り酒屋のエントツ


この タヌキ このお酒を飲んで ほろ酔い加減となってはいないだろうか。

C7d_120417_24238
タヌキ寝入り の直前か ?



田原坂(たばるざか)  Apr.19,2012

熊本市に編入された 植木町 に ここ田原坂。
明治年間において、特筆されるものに 西南戦争 があって、
長期間に及んだこの戦争の中の激戦地の一つがここ 田原坂 である。

今では、すっかり道路も整備され、容易に車も行き交うことができる。
その丘陵地は 「田原坂公園」として、その面影の一塊を後世に残している。

C7d_120419_24264
よく見ると 金峰山一帯 として、括られている

C7d_120419_24318
一角には、休憩所も併設されている


花は ハナミズキ が咲いてはいるものの、空模様が生憎く悪くて、
色乗りがよくない


C7d_120419_24289
ほぼ満開の状態

公園の ツツジ を見下ろす場所に 一本の八重ザクラ と思しき花が
精一杯に咲き誇っている。

C7d_120419_24313
咲き誇る 八重ザクラ

では、肝心の ツツジの花 はどうか というと・・・

C7d_120419_24293
白い花の咲き具合は、まだまだ先となりそう


しかし、一部の株の色付き花は、ちらほらと 美しく咲いている

C7d_120419_24301
この株は 早めに咲いている


このところ、気温も一気に上昇し 夏日となった日もでてきた。

間もなく、ゴールデン・ウィークを迎えるが、
連日の好天気に恵まれれば 花咲きも良くなることでしょう。



de ハッスルブレッド


  

























より以前の記事一覧