2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

お役立ちリンク

  • blogpeople
  • にほんブログ村
    ブログランキング・にほんブログ村へ 

カウンタ

パソコン・インターネット

2012年4月20日 (金)

肥後の町から花だより

肥後は サクラ も終わり、次の花は ツツジ  となる
きっと、その間には ハナミズキ も 咲くのだろう ・・・


熊本 川尻(かわしり)

熊本市の南部に川尻という町がある。
この辺りには
幾つもの刃物店が軒を連ねている。 
その昔の技術は今へ引き継がれており、時折、槌(つち)の音が
聞こえている。

C7d_120417_24226_2
槌音が響く刃物製作所


旧道沿いに ハナミズキの花 が街路樹として植樹されている。
まだ咲き誇ってはいない。

C7d_120417_24177
ハナミズキ


ここ付近では、今となっては珍しい 工場のエントツ も見られる。
すっかり鳴りを潜めたエントツだが、町なかでは ほとんど見掛ける
ことも出来なくなった。

C7d_120417_24181
造り酒屋のエントツ


この タヌキ このお酒を飲んで ほろ酔い加減となってはいないだろうか。

C7d_120417_24238
タヌキ寝入り の直前か ?



田原坂(たばるざか)  Apr.19,2012

熊本市に編入された 植木町 に ここ田原坂。
明治年間において、特筆されるものに 西南戦争 があって、
長期間に及んだこの戦争の中の激戦地の一つがここ 田原坂 である。

今では、すっかり道路も整備され、容易に車も行き交うことができる。
その丘陵地は 「田原坂公園」として、その面影の一塊を後世に残している。

C7d_120419_24264
よく見ると 金峰山一帯 として、括られている

C7d_120419_24318
一角には、休憩所も併設されている


花は ハナミズキ が咲いてはいるものの、空模様が生憎く悪くて、
色乗りがよくない


C7d_120419_24289
ほぼ満開の状態

公園の ツツジ を見下ろす場所に 一本の八重ザクラ と思しき花が
精一杯に咲き誇っている。

C7d_120419_24313
咲き誇る 八重ザクラ

では、肝心の ツツジの花 はどうか というと・・・

C7d_120419_24293
白い花の咲き具合は、まだまだ先となりそう


しかし、一部の株の色付き花は、ちらほらと 美しく咲いている

C7d_120419_24301
この株は 早めに咲いている


このところ、気温も一気に上昇し 夏日となった日もでてきた。

間もなく、ゴールデン・ウィークを迎えるが、
連日の好天気に恵まれれば 花咲きも良くなることでしょう。



de ハッスルブレッド


  

























2012年4月 1日 (日)

ひのくに熊本 はる爛漫

あれよ、あれよ と、一気に花盛り Apr.1,2012

三月の後半、相変わらず天気は愚図ついている ・・・と、
思いきや 急に安定。 
そのせいか、至るところ 桜が満開した。 

ここにきて、熊本県下は「春のイベント」も全開 !!

また、熊本市は 政令指定都市 として,4月1日 から 全国の仲間入りをする。


そんな訳で、三月末から 熊本市内では、桜満開の 熊本城界隈や周辺において、
色々な催し物が目白押しだ。

特に、二の丸広場では 「城下町くまもと おどり」が、 JR熊本駅周辺から 城中心部
あたりまで 「城下町くまもと 時代絵巻」が繰広げられた。

C7d_120331_23861
熊本城 備前堀


C7d_120331_24024
人力車も一役


C7d_120331_23928
本場のおどりを お手本に


C7d_120331_24149
甲冑を纏って


C7d_120331_24095
名優が扮する 加藤清正



また、県南部の人吉市周辺 も桜の見事さでは負けていない。
久し振りに、SLの雄姿 を見物に行った。

かの SL人吉号 は、JR熊本駅~人吉駅間 を およそ2時間半で走るのか。
自宅からの出発が少し遅くなったせいで、途中は見向きもせずに目的地点へ。
それでも、球磨川の沿岸には 至るところ 満開の桜 が出迎えをしてくれる。 

たしかに、絶好ポイントには、カメラマンがズラリと砲列を敷いており、とても
とても、一錐の余地もないほどに ひしめきあっている。
やむなく、少し先寄りのポイントでカメラをセッティングして撮影を済ませた。

Snex7_120401_01618
無人駅を疾走する SL人吉号


Snex7_120401_01646
西人吉 のビューポイント


Snex7_120401_01654
雄姿 SL人吉号


Snex7_120401_01661
撤去が決定された 荒瀬ダム


しばらくの間 ブログの更新が滞りました。 お待たせしました。
・・・ この間に システムの変更がありました ・・・

《言い訳》
○ ブロク゛作成用のパソコンで、特定キーが壊れ操作が不自由になった。
  (手立て)キーボード(ラップトップ型)の取替えは、キーボード一体で交換する
        とかで、別途 外付けキーボード を新調して対処
デジタルカメラ本体を、かっての所有者へ戻した ことから撮影頻度が低下。
     (手立て)ミラーレスタイプのボディーを調達し、一応の撮影レベルへ到達

この様なことで、何の理由にもなりませんが ・・・
引き続き 「ひのくに便り」を ご愛顧 ください。

de  ハッスルブレッド







  

2011年12月12日 (月)

Macな日々 (その続き)

パソコン環境も変わった   Dec.12,2011

メイン機種のプラットホームのOSが、 Windows から OS X へと変わったのが今年9月。
やっと、使用環境も一応安定してきたので、これまで手間取った事について綴ってみる。



≪パソコンのこと≫
 
デジタル写真の画像ファイルの管理を iMac へ一元管理することにしたことから、
   写真データの保存・管理の方法を再構築する必要が生じた
   ○ 当面は、LaCie 2TB(外付けHDD)を準備したものの、先々は、バックアップの面
        から 「TimeMachine」 や 他の媒体への保存を考慮しなければならない。
   △ USBポートの使用制限を緩和する意味から、HDDとの接続は「FireWire800」と
    し USBポート は確保した。 転送上での速度は USB3.0 には及ばない模様

≪画像ファイルのこと≫
1、 EXIF情報
 
   「レンズマウントアダプター」 を使用した撮影
     基本的には、レンズの各種情報はボディー側へ転送されないことから、撮影時には
   「絞り値」「焦点距離」などのデータが生成されず EXIF情報 には存在しない

2、 EXIF情報の編集 
     「EXIF情報」を編集するアプリケーションは種々存在するが、OS X においては、
      Mac の 「ターミナル」上から 「exiftool」 を使用する 
   ○ 操作は簡単ではあるものの、使用言語の記述に疎いことから、常用できるまでは
       やや難儀であった。  フリーソフトということから贅沢はいえないだろう

3、写真ファイルのリネイム
  デジタルカメラの機種を識別するためには、撮影後にファイル名を一括で変更したい
    必要がある。 リネームできるソフトには 「Shupapan」 を使っている

4、閲覧用のビューソフトは、「Picsa」や「iPhto」など種々のソフトが存在するが、現在、
     「iPhoto」については、ソフトの必須占有エリアが膨大となることもあって使用を控えて
     おり、Adobe photoshop 添付の 「Adobe Bridge CS5.1」 を 常用中

5、OS X においては、作業用色空間 を Adobe RGB に指定し処理を行っているが
  Web用へ変換した後の色彩が自然さにやや欠ける状態
     (注) 引き続き、設定値などについて、引き続き検証していくことが懸案

≪賀状作成≫       

年賀状作成を、Mac アプリ 「はがきデザインキット」 (Adobe Air アプリ)で作成。
  ◎ 「はがきデザインキット」はよくできたソフト だ   

  ● ただし、 使い勝手が分からないまま、特に「印刷」過程で挫折を味わい、作業半ば
        にして放棄するという事例を Web上で多く確認した。

  [要点]  1、文面作成の開始時に、[文面イメージ]のスケールを 最小スケール とする。
         ただし、作業に際しては、ドキュメント類の貼り付け や 文字挿入の際に、
          これでは視認できない(スケールが小さい)ことから、作業開始の直前に
         「文面イメージ」がはがきと同一サイズとなるよう 拡大・縮小スケール で
                     [文面のイメージ]を拡大する。
         
         (注)この設定を踏まなければ、印刷のサイズをどのように変更し、はがきサイズを
                        指定をしたとしても、はがきサイズ での印刷は困難

 

  de  ハッスルブレッド

2010年10月 3日 (日)

タイトル名の訂正 番所(熊本・菊花町 ・・・)

過去のタイトルに誤りがありました   (2010/09/25版)

当該記事のタイトルは「番所(熊本・菊花町) 棚田と彼岸花」となっていますが、
正しくは、熊本・菊鹿町 です。

訂正させていただきます。

de  ハッスルブレッド

2010年7月16日 (金)

熊本城下の精霊流し

熊本の城下、長塀の傍で 精霊流し(しょうろうながし) が行われた。 July,15,2010

今日(7月15日)は 早盆。  
熊本地方の天気は午後辺りから 梅雨明け を思わせるような空模様となった。

この時期、ツユの末期では いわゆる 湿舌 の悪戯により、
列島各地には計り知れない程、甚大な被害をもたらす。


被災地の方々へお見舞い申し上げます。

 
何年頃から定着したのか 「熊本城城下町 坪井川精霊流し」。

昨年は訳あって、つつましやかに 一艘の精霊船 を仕立てて御霊を供養した。

Syourouc7d_1007150110_2
今年の 坪井川精霊流し

Syourouc7d_1007150050_2 Syourouc7d_1007150116_2
精霊船


この城下で行われる 精霊流し は、熊本市役所庁舎前の城壁 長塀 の直ぐそば。
この長塀に添って 坪井川 が流れている。
お城には少なからず 大なり小なりの が廻らされているが、
堀は要塞として重要な要件ともなっている。

熊本城のそれは 貯水されたもの では無く、流水であり、 いわゆる 河川を
取り込んだ 堀 となっている。
その意味からしても この築城工事は、当時の土木技術の粋を集めたものであり、
この種の 堀 としては、日本屈指の ものとして数えられるのではないだろうか。


ところで、この精霊流しには 多くの人手と時間を必要としている。
綿密な計画の中、執り行われるのだが 何時ぞやは、空模様に一喜一憂した
ことも、おぼろげながら記憶に残る。
私は、見物人の立場であるが、大変なご苦労に感謝を申し上げたい。

また、その後の 用済みの精霊船 の回収も難儀なことで、真っ暗な深夜帯での
作業の辛さは大変で、本当に頭が下がる思いだ。



その日、現地への到着はまだ陽の明るさが少し残る 夕間暮れ。
ちょうど、最初の 精霊船 が、放たれる直前でした。

Syourouc7d_1007150060_2
Syourouc7d_1007150069_2
精霊流し 実行スタッフの方々

最近のカメラは、本当に素晴らしく高機能だ。
多少 乱暴ではあったが、すべてを 三脚未使用の手持ち撮影で行った。
当然のことながら、一部には カメラブレ があるものの、
低輝度の中での被写体ブレ もそれなりに ヨシ といえる 範疇だ。

何よりも 撮影条件の厳しい撮影環境 の元で、これほどに自由闊達に
すぐさまに撮影ポジションが取れることには・・・
本当に有難い     バ ン ザ イ デ ハ ナ イ カ  。

ps,  前回のブログで、 記事中  (誤)日中症 は (正)熱中症 の誤りでした。


de  ハッスルブレッド

2009年6月 7日 (日)

ムツゴロウの今ごろ

平成21年6月7日(日)
このところ身辺が慌ただしくて、ブログの更新が滞っています。

ムツゴロウの観察 は、何と言っても 潮の引き具合いに左右されます。
6月に入って 最初の 大潮 は、6月6日(土)から始ったことで早速 現地へ出掛けてみることにしました。

Mutsuf0906060251_aa

熊本市から南の 宇土市・住吉 を目指しますが、
今回は ある写真グループの写真展を観賞に 「不知火美術館」 を経由しました。
途中、国道3号線沿いにある 「新幹線車両基地」(熊本市富合町)の建設現場は、
施設建屋の建造も進んでおり次第にその全貌が見え始めています。

いよいよ 現地へ。
ここ住吉自然公園は、かっては島として海に浮かんでいたらしいが現在では陸続きである。その周辺は 船溜りやアジサイの花咲く市民の憩いの場所ともなっている。


  ムツゴロウ は というと 

なんだか、ここでの様子が ちょっと違う。
確か、先月はこの周辺では一番先に ジャンプ していたんだが ・・・。
ほとんど その ジャンプ・シーン が見られない
勝手な想像だが、既に、求愛期間を過ぎて一対のペアができ、営巣内で抱卵行動へ移ってはいないか ・・・  と思えるのです。

結局、強い日照りもあって小一時間ほどでここを退散し次なる場所へ移動した。


ムツゴロウの分布上から
有明海の南端近くに この緑川 があり、それぞれ 宇土市(南域)と熊本市(北域)に区分している。さらにはこの南域に宇土半島が大きく突出し有明海を内海として封じ込んだ形となっている。 
短絡的に考えれば ムツゴロウの生息域 はこの海域までと思いがちであろうが、
何と宇土半島の南側(不知火町、松橋町など)へも展開しており、さらには球磨川水系でのその実態も確認されているところである。

気持ちを切り替えて、いざ ・・・

ここは熊本市川口町の先地で、ちょうど先程の宇土市住吉の対岸に当たる場所。
やっと、動きの活発さが見てとれた。
緑川のやや早い流れを楽しむかのように、ムツゴロウ が群れていた。

Mutsuf0906060204_aa

ほんの狭い地域で、これほどに生態にズレがあるのだろうか 。
やや 戸惑いを感じた。

今日の天気は強烈だった。 
明け方から一部に雨が残ってはいたものの正午付近からは強い日差しに変わった。
戸外で長時間の撮影には限度がある。 体力が持たない。
なんとか、カメラのシャッターを切って、本日の撮影を切り上げることにした。

de   ハッスルブレッド

2009年1月 2日 (金)

新年の事始め(パソコンで)

皆様は、新年をお迎えになって まず最初に何をなさいましたか。

熊本の元旦は、幸先良く 初雪に見舞われました。 
タイミング良く、お正月に雪が降るなんて、中々ないことです。
熊本市の西方にある 金峰山 も薄っすらと雪化粧をしていました。
そんなこんなで、日中の気温も上がらず 冷え冷えとしています。

お宮への初詣を午前中に済ませようと、カミさんと三社詣りに出掛けました。

Gantanl090101181_2
(写真 巫女と参拝者 D-LUX 4, 1/80 S, F4, ISO200, about42mm, W/B: Fine, Flash fired)

ここは熊本市繁華街の ど真ん中、 とある天満宮なのですが、
割と人出も少なくユックリと お参りができるものです。
ただ、菅原道真公を祀ってある分社とのことから、
春先に受験を控えた方の訪問は多い感じです。
よ~く見ると、なにやら 絵馬 に願い事を 書いております。


ここから先は少し パソコンの話

丁度、二年前に突然 デスクトップパソコン(机の上にありますので、デスク )

・・・ 決して ディスク(円盤)トップ とは言いません。なお、記録する円盤類は堂々と ディスク であります。

が、壊れて新規に調達をしたところです。


二年程経ったこの頃から、妙にパソコンの動作が不機嫌でサクサクと動かない
ようになってきました。
既報の通り  外部HDDの取替えを行ったり
また、うたい文句の「不調パソコンを速くする」との振れ込みに気を引かれ、
少なからずパソコンシステムへ精神的にダメージを与えてしまったよう ・・・。


《現れた症状》  ●画像用編集 フォトショップCS(以下、PS-CSという)が、
            ライセンス認証を求めて動かない。 (正規インストール版)

《途中経過》    ○アプリソフトの快適な運用のために、移動できる
           データ類の保存先を、初期のCドライブから別のDドライブへ
            変更したが、その後動作が不安定となり元に戻した。
           ○そのため、PS-CS の再インストールを必要回数 行った。
           ○アプリソフト(インターネットで利用権利を担保する)を追加。

《措置1》      ●不要・無用のレジストリーを個別に削除する。 改善せず
          ●
アドミニストレイター権限でも症状の変化なし。 改善せず
          ▲
規則性なくPS-CSが起動するが不安定。    改善せず

《措置2》      ??? 気がかり で、何も手付かず。
           
  
  引いたおみくじには、「物を粗末にするな、何か価値ある。 金で解決するナ」

  
正直、PS-CSを購入して10日ほど後に、バージョンCS2  が発売となった
     などの経緯もあって、その後も ジリジリという気持ちはあったが、
     そろそろバージョンCS4 への改善を考慮していた矢先ではあった。

  店員さんは言う、バージョンアップは良いとしても、システムを正常化 したら


    ここで、おみくじ といい、店員のお告げ といい  どうやら、努力してみよ !!
    との厳命を受けた。 俄然 ファィトが沸いてきた。 (元旦の午後のこと)

《もしかしたら》    この症状が ハードかソフトか  トコトンまで追求してみること
            安易に リカバリー  などへ走ってみようものなら、
             ・・・・・ 100% 現状復帰は無理だろう ・・・・・ 
   例え良しとしても、それに 費やす時間と労力 は、計り知れないものだ。
   (貴方が、ソフトの履歴すべてを保管し、また、力量がお有りならば厭いません)

《では、どうしたんだ ?!》
   
関係する技術書を急ぎ粗探しをしてみた。 捨てる神あれば、拾う神あり
     どうやら、この症状はインターネットに接続する直前の不具合と目星をつけ、
   「インターネットへの接続」の設定にメスを入れてみることにした。
 
   「Windows Live OneCare PCセーフティ」 (90日試用/無料サービス)
     肥大化したレジストリを整理するため HDDのメンテを行うもの とある。
    (削除/デフラグ/レジストリの正常化/セキュリティ対策の適正化 など)
     よ~し   これをすぐさま インストール し検査を行う    と決定

《解決 メデタシ メデタシ》
      HDDのデフラク゛はそれなりの時間を必要とするものの、
      手を掛けず(自動)で検査をしてくれるから、オーナーは席を立てる。
 
      その間、今日(2日)着いた年賀状をチェック。  パソコンへ受取りフラグを 
      立てるための事前の整理も済ませることができた。

     いよいよ、動作の検証試験 だ !!。
    スタートからソフトがガラガラと、  動く間合い が良い塩梅。
      そして、このソフトウェアは正常に動作した。

      ただ、2、3のソフトが やはり 「インターネットのセキュリティ」の動作制限
      に掛かり遭えなく 拒否されている。 これも有りがたいことだ。 
      個別に設定を変えて接続再開を行うことにした。


    しかし、何が原因で 不具合となった 「フォトショップ CS」。
      何とも腑に落ちないところだ。
     正規にソフトを購入し、適切に装置を追加増設しながらも、現状に即した
      運用形態の中で このような 不都合が生じるのか。

       人工衛星が縦横に飛ぶ時代 
      代価を支払った者へは もう少しスマートに運用が出来るようにして欲しい。
      と、願いたい。

 de  ハッスルブレッド

2008年11月12日 (水)

HDD その後の対策

HDDから異音が出る  ことについて過去のブログで発信しましたが、
引き続きこの件でアクセスをいただいております。
なお、その対策についてはお話していませんでしたので、大変恐縮しております。

その後の顛末については  こんなになりました ?! ということを、
遅ればせながらお届けします。

結論的には、外付けHDD(ハードディスクドライブ)を新規購入できましたので
                  取換えを行いました。   (注 地方都市で 320GB を 7K円 で入手)

実は、その後暫くの間、現状のままで 問題ありの外付けHDD を使い続けて
いましたが、何時 クラッシュするか  の予測はできないことなのです。
ある日 突然に クラッシュが発生する  かも知れないのです。

そもそも、その異音は、
1、筐体(ハウジング)の共振によるもの 2、内部のモーター音によるもの
と、ある程度分かってはいたのですが。

1については、振動源が内部に有るものは、やはりキチッと据え置き具合いを
 確保しておくべき である  ことを改めて知らされたところです。
2については、どの程度が良で どこから否か の判断は難しいものですが、
 今は、確かに スムースな回転音ではない気がしていました。


ところで、この間に、「良さそうな手立て」や「XPに喝をいれる」 などなどの試み
を行ってはみたものですが、 私がやった方法では 余り改善は望めず、
最終的には 原状復帰 することになってしまいました。

その後も少し残骸が残ってしまい 一部のアプリケーションの起動に不具合が
生じています。
これについては、次期OSの更改時に考慮しようと思い ほったらかし のままです。



いよいよ HDDの入れ替えについて述べてみます。
必要な方は、引き続きご覧ください

今回の事例は、 被疑 外付けHDD(ボリューム名 I:) の取り換えのため、
HDDを新規に購入して、 従前の同一ボリューム名  (I:) として使うための
入れ替え作業について話を進めます。

条件 パソコンシステムは、XPバージョンで 普通のシステム構成 です。
       ① 内蔵HDD(ローカルドライブのボリューム名 D:) があります 
                  ***  内蔵であって 決して 内臓 とはいいません
        ② 他に、外付けHDD(ボリューム名 J:) があります
        ③ HDDのデータコピーは、「専用ソフト」(有償)を使用しません
          ***  そのため、コピーには長時間を要する覚悟が必要

操作上で特別に留意しなければならないこと
   
ドライブ装置の入れ替えを行い、引き続きボリューム名を同一とする。
       ただし、作業過程において、新規HDDのフォーマットやデータのコピー
     など 細心の注意を必要な工程があります
   「頭の中で考えず、作業フローを時系列に記述して目の前に掲げること」
      
これだけは、きっと 励行してください。 出来ないことではありません 
      
   ① 予め新規HDDのフォーマットを必要とする場合、ボリューム名が
      同一とみなされて(同一メーカの製品を追加使用の時など) 拒否される
      ことがありました。 その際は、当該の他のHDDを系から外す  ことで
      対処することができます。
    ② ボリューム名を一時的に変更する必要があります。
      このため、HDDにはその変移が分かるよう それぞれに紙片を貼付します。
     (例) 手順 1  既設〖C:  変更なし 〗、既設〖J:  変更なし〗
         手順 2  既設被疑HDD〖 I: ⇒ M:〗のボリューム名を変更する
            ***  ボリューム名の変更は、Windows 基本OS内の「管理ツール」で作業を
              行うことができます
                  手順 3  新規HDDを〖K:〗 としてフォーマットして、〖M:〗から
              〖 K:〗 へ データをコピーする
          手順 4   コピー終了後に、〖K:〗を、〖I:〗へ変更する。
          手順 5  被疑HDD〖M:〗は、系には不要となったことから、〖I:〗
              の記録の正常性を確認し、その後にデータ消去を行う

特筆できること
   
作業全般にわたっては、特段の技術も必要としません。
    費用の点では、 新規HDDの新規購入はやむを得ないことですが、
    「専用ソフト」の購入もせず、Windowsに備わっている 基本のみで済ませる
    ことができました。    
    ただ、その分の代償は、時間 と あなたの気力 に掛かっています。
  
この作業方法については、もっと別の良い手段も有ると思うのですが、
ちょっと調べた限りでは、新規入れ替え で 同一ボリューム名 という手法についての
記述については探し当てることができませんでした。

どうぞ、この頃 「外付けHDD」についても、高容量/低価格 の品が割安で調達
出来るようになってきました。
この際、思い切って これらの不具合にも挑戦なさってみては如何でしょうか。

de  ハッスルブレッド

2008年10月 5日 (日)

ぶらっと 下通り

ぶらっと下通りへ出掛けた。

ほんの数日前に注文した雑誌が届いた との連絡があったからだ。
以前は、決まって取り寄せは 「最低二週間は掛かる」と言われたものだが、
最近は流通システムの改善からだろうか、もう手に取るような早さだ。
ほんの2~3日程の待ち時間で済む。
という訳で、熊本の繁華街まで出掛けることにした。


今日(10月4日)は何とも気忙しい一日であった。

朝から一番に 愛犬 Momo-chan の具合いが悪い ことで、病院へ、
次いて、ローカルの写真コンテスト のことで新聞社へ、
続いて 書店へと 中々の立て込みようだ。


久しぶりに 下通りのアーケード内が 人・人・ひとで ごったがえ している。
折りしも、市内にある 某大学の 学園祭とやらで 普段の何倍もの人出だ。
また、ボランティアに努める生徒諸君の懇願の声も届いている。
ただ、なぜか この周りには人は寄ってはいない。

Shimotohri08100403
(写真 ボランティア FinePix S100FS 1/35 S, F6.5, EV-0.3, WB:Auto, about28mm, ISO200)

幾つもの小グループが通っていく。 思い思いのコスチュームに身をまとい、
ここぞとばかりに主張している。 やはり若さが一番といった感じだ。
これは、その一つで  身の丈は高く、クロ装束は異様な衣装だ。

Shimotohri08100408
(写真 仮装 FinePix S100FS 1/22 S, F4.9, EV-0.3, WB:Auto, about28mm, ISO200)

ここ 通町筋 付近は交通の要衝とも相まって、中々に人出も多い。

自慢できるかどうか。 ちよっとの雨でも傘は要らない。
というのも、上通りの端から ここを抜けて下通り・新市街のアーケード、
更には地下道を潜ってバスセンターまで全くの 天井続き で連なっている。

これほど長大なショッピングロードが外にあるのだろうか。
と、感心しきりである。


それから、パルコ前で ナイスガイ を発見。  
人待ちかどうか ・・・。  しばしの間 動かない様子。

Shimotohri08100415
(写真 ナイスガイ  FinePix S100FS 1/80 S, F8.0, EV-0.3, WB:Auto, about170mm, ISO400)

熊本には今だかって チンチン電車 が走っている。 確かに、板張りの旧型車両
も今だ健在だ。 最も、最新式の新型車両も走っている。
こちらは、車内の装備の良さと走行スピードでは引けをとっていない。



今日の予定はこれでお終い。 
ここからアーケードを抜けて辛島町(からしまちょう)で電車を拾うことにする。
途中にはいつも覗く一本の路地がある。
特に、どお~ってことは無いのだが、なんとなく絵になる場所だ。
今日の通行記念にと一枚 撮っておくことにした。

Shimotouri08100417
(写真 一本の路地 FinePix S100FS 1/106, F8.0, EV-0.3, WB:Auto, about140mm, ISO200)

慌しい一日の終わりだ。



また、週末には恒例の 「秋のくまもとお城まつり」  が予定されている。
きっと、今年も見逃すことができない催し物で盛りだくさんのコトだろう。

de  ハッスルブレッド

2008年8月 8日 (金)

KYの私か?

全く ついていない我が輩である。

写真や画像編集のためのアプリケーションのことで、ちょっと一言!!

この種のアプリについては、あまり あれもこれもと 増やすことなく、
なるべく汎用性を持ったソフトで対処してきたのだが、
他方では、デジタルカメラが次から次からへと新機種を打ち出してくれば、
その対応も考えていかねばならない。(この項 RAW現像について)

こちらのパソコンシステム(画像編集用ソリューション)は、フォトショップを
中心に組上げている。 
最も、久しく前にこのアプリと出会っただけのこと。 ただ、それだけのこと。

ところがである。フォトショップの バージョンアップ については、後ほど書くとして、
まず最初は、RAW対応のためのアプリのこと。

《ケース 1》
A社「フォトグラファーの写真処理管理」のためのソフト(バージョン1)を
本年7月12日に新規購入(購入額 33600円)。

と、

と、

ところがである、一ヶ月後の8月には その会社のニユースで 「同ソフトの
バージョン2 が発表される」というではないか。
新規購入の場合、 ナント前バージョンと同額ではないか。

もう、唖然としたことは、賢明なお方はよくご理解いただけたと思う。
もっとも、アップグレード対応はそれなりに11340円の追加出費となってしまう。

本当に空気が読めない ワタシ であった。


《ケース 2》
 
前述の パソコンシステム(画像編集用ソリューション)のフォトショップの場合は
CSを購入して一週間後には CS2 の販売があった。 
当然かどうかは別として、今もってバージョンアップはしていない。

しかし、現状はいろいろと最新のデジタルカメラの新仕様には対処できない憂き目
を受けている。

本当に KYのワタシ なのである。


ただ、当面の仕事は せっせせっせと パッチをあてがい現行化に努めている。
それは、「SILKYPIX DS3.0」 で。

KYの私か ?

  
後ろの方から 朝食の合図。 

ブレッドを食べてハッスルするゾ。 

de  ハッスルブレッド

より以前の記事一覧