2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

お役立ちリンク

  • blogpeople
  • にほんブログ村
    ブログランキング・にほんブログ村へ 

カウンタ

趣味

2011年12月12日 (月)

Macな日々 (その続き)

パソコン環境も変わった   Dec.12,2011

メイン機種のプラットホームのOSが、 Windows から OS X へと変わったのが今年9月。
やっと、使用環境も一応安定してきたので、これまで手間取った事について綴ってみる。



≪パソコンのこと≫
 
デジタル写真の画像ファイルの管理を iMac へ一元管理することにしたことから、
   写真データの保存・管理の方法を再構築する必要が生じた
   ○ 当面は、LaCie 2TB(外付けHDD)を準備したものの、先々は、バックアップの面
        から 「TimeMachine」 や 他の媒体への保存を考慮しなければならない。
   △ USBポートの使用制限を緩和する意味から、HDDとの接続は「FireWire800」と
    し USBポート は確保した。 転送上での速度は USB3.0 には及ばない模様

≪画像ファイルのこと≫
1、 EXIF情報
 
   「レンズマウントアダプター」 を使用した撮影
     基本的には、レンズの各種情報はボディー側へ転送されないことから、撮影時には
   「絞り値」「焦点距離」などのデータが生成されず EXIF情報 には存在しない

2、 EXIF情報の編集 
     「EXIF情報」を編集するアプリケーションは種々存在するが、OS X においては、
      Mac の 「ターミナル」上から 「exiftool」 を使用する 
   ○ 操作は簡単ではあるものの、使用言語の記述に疎いことから、常用できるまでは
       やや難儀であった。  フリーソフトということから贅沢はいえないだろう

3、写真ファイルのリネイム
  デジタルカメラの機種を識別するためには、撮影後にファイル名を一括で変更したい
    必要がある。 リネームできるソフトには 「Shupapan」 を使っている

4、閲覧用のビューソフトは、「Picsa」や「iPhto」など種々のソフトが存在するが、現在、
     「iPhoto」については、ソフトの必須占有エリアが膨大となることもあって使用を控えて
     おり、Adobe photoshop 添付の 「Adobe Bridge CS5.1」 を 常用中

5、OS X においては、作業用色空間 を Adobe RGB に指定し処理を行っているが
  Web用へ変換した後の色彩が自然さにやや欠ける状態
     (注) 引き続き、設定値などについて、引き続き検証していくことが懸案

≪賀状作成≫       

年賀状作成を、Mac アプリ 「はがきデザインキット」 (Adobe Air アプリ)で作成。
  ◎ 「はがきデザインキット」はよくできたソフト だ   

  ● ただし、 使い勝手が分からないまま、特に「印刷」過程で挫折を味わい、作業半ば
        にして放棄するという事例を Web上で多く確認した。

  [要点]  1、文面作成の開始時に、[文面イメージ]のスケールを 最小スケール とする。
         ただし、作業に際しては、ドキュメント類の貼り付け や 文字挿入の際に、
          これでは視認できない(スケールが小さい)ことから、作業開始の直前に
         「文面イメージ」がはがきと同一サイズとなるよう 拡大・縮小スケール で
                     [文面のイメージ]を拡大する。
         
         (注)この設定を踏まなければ、印刷のサイズをどのように変更し、はがきサイズを
                        指定をしたとしても、はがきサイズ での印刷は困難

 

  de  ハッスルブレッド

2011年11月19日 (土)

熊本空港 夕日と飛行機

待ちに待った 夕日と飛行機のコラボ  Nov.19,2011

今シーズン、いよいよ 阿蘇くまもと空港 で、一大 空の饗宴 が始まった。
去る11月15日(月)、この日辺りから熱心な飛行機マニアがここへ集っているが、
なんと言っても お天気と太陽と飛行機 は、 「あなた任せ」であり、
これに加えて カメラマンの技量 が問われる、なかなか難しい写真撮影である。

11月15日、RWY25エンド(滑走路の東端)寄りに陣取ったものの、
飛び立つ飛行機は反対の西方向へ飛び去る有様。
思い通りいかないことも、それなりに面白いものではある。
離陸する方角が種々の条件で変わることもあり、素人の感ではままならぬもの。
時にカンパニーラジオで聴取している方にはそれなりに心構えができている様子。

この日は、陽の沈む方位が 247度(東回り)付近であり、滑走路上を右斜めにかすめた。
これだと、機影は斜になって 今一つ 絵作りがしっくりとこないものだが ・・・ 。

Kukoug1_11111521577_blog
RWY07 からの離陸   Nov.15,2011

まだまだ、この時間帯は太陽の高度が高くて、太陽は白っぽく 空は夕焼けに染まってはいない。


続いての機体は、排気熱が片肺のみのもの

Kukoug1_11111521597_blog
機体に、風船をぶら下げて飛んでいるようだ  Nov.15,2011

翌16日は、やたらと空港周辺が賑やかしい。
ここ 阿蘇くまもと空港 には、民間機・自衛隊ヘリ機と県所有の航空ヘリ などが
駐機しており、これらの航空機が離着陸を頻繁に繰り返している。

この日は、何時とはなく自衛隊ヘリ機も数多く見られ、幾度となくエンジン音を響かせて飛びさっていた。

Kukoug1_11111621673_blog
これは 県所有のヘリ機 「ひばり号」  Nov.16,2011

夕日と飛行機 の絶妙な写真は、これからしばらくの間をおいてからのことになろう。
まだ、夕日は少しだけ滑走路の右寄りに落ちるし、高度もやや高い(RWY25から)。


ここの場所からの日没は、このような情景となっている。

Kukoug1_11111621682_blog
RWY25エンドからみた日没の様子 Nov.16,2011

熊本地方の天候は、11月18日から19日の間はかなりの雨降りとなっている。
さらには、20日(日)までは、天候も十分に期待できないという予報もあり、
次の出動日は、21日(月)が最速な日となりそうである。



≪写真のこと≫
撮影機材は次のものを使用
レンズ:     ライツウェッラ TELYT 6.8/400
ボディ:     パナソニック   DMC-G1
マウント:  マウントアダプターはパナソニック純正
三脚等:    ジッツオ、雲台(同社製品)、レンズサポート(メーカ製を一部改良)

  なお、レンズのフォーカス機構は、トリッキーなもので 「ロックボタン」を解除させな
  がら手動で合焦させ、その後、解放し固定させる仕様となっている
(注) 添付画像については、
          ○ 撮影時にカラーフィルタで色補正できる程度を限度として、
          フォトショップ「レベル補正」により 「レッド」要素を増やしています 
          ○ 画像は、ノートリミングでインターネット用としてリサイズしています

de  ハッスルブレッド

2010年12月13日 (月)

ライカRレンズ EOSボディ の組み合わせ(写真編) 

このところ、ライカレンズの出番がメッキリ減ってきた。  Dec.13,2010

写真事情もすっかり変わり、この熊本でも かって日常的に使っていたフィルムの取扱も窮屈となり、時に現像処理を依頼しても何となく出来栄えに疑問を抱くことになってきた。

それとは裏腹に デジタル写真 は生活の一部に無くてはならない存在にまで躍進している。  この頃、秋の撮影も一段落してきたので、旧来からのレンズ資産を継承しようとこの際 ライカRレンズ を引っ張り出して撮影を試みた。

今更でも無いが、本来のシステム構築には 無い異種メーカの機材 を組み合わせての撮影環境ですから、実用可能かどうかが、まず、期待したい第一目標である。
最も、アマチュアレベルでの楽しみであり究極的に「仕様」といわれる範疇まで言及しようとは考えていない ・ ・ ・ 。

ということで、短い間に試写したカットを載っけてみました。

Kurumacmg1012073255_1
近所の境内にて

Kurumacmg1012073262_1
同じ場所 絞り値を5.6で撮影した 


ところで、肝心の機材については
ボデイは            キヤノン EOS50D  (APS-Cサイズ)
レンズは            ライカ   エルマリート  R28/2.8  (1991年 前期製)
マウントアダプター    ヨックレンズ (Rレンズ対応、第五世代チップ)


取り付けて、撮影した結果
同一被写体に対し 「絞り値」を変えて「露出」の結果  「露出」ズレを感じない
   〃        「ISO設定」を変更しての結果     「露出」ズレを感じない
カメラの操作上では                      特に違和感はない

この検証では、「ヒストグラム」により 輝度差 を比べてみたが、ほとんど差が現れてはいなかった。 当然ながら異なる画像処理ソフトにより比較したことはいうまでも無い。
また、「レンズの味」は定量的な比較ができない などから割愛した。



《全体の結果》は

今回の試写では、マウント仕様として 「良好な結果」 が得られた 




時折、「マウントアダプター」の不具合を耳にしますが、本製品ではそのような事象には至っていません。

ただ、不具合が想定されるとしたら(一例として)、
① 「設定」に関しては、「メーカの取扱説明書」通りに操作が行われているか ・・・ ?
② また、「撮影の所作」については、「撮影絞り値」をカメラ側で事前設定する   →
  続いて、開放測光するため レンズ側で「開放絞り」とし 撮影の露出値決定 →
   次に、この露出値をカメラで保持したまま、レンズ側で「撮影絞り値」へ変更する
③ 最も、「焦点合わせ」は手動式レンズいえども、目視と音で確認できます
(注 ここでいう 「撮影の露出値」とは、「絞り値」と「シャッターの動作時間」のことです)

普通に厄介なコトは、「露出値をカメラで保持したまま」の操作が、スムースにいくかどうかがポイントなのかもしれません。 
蛇足ながら、右手の親指やら人指し指 の動きが忙しくなってくることでしょう !? ハイ


《今後の検証》

① 手持ちレンズに開放絞り値が少し暗いモノがあります。 また、ズームタイプもあることから 「測光」やら「ピント」などの確立方法にもまだ余地を残しています。

② また、レンズ「絞り値」の違いによる、利用制限の有無 など若干の検証も残っています。


今回は、久々に 写真 に特化しました。
「レンズ沼」とはいいませんが、古き良き時代の「名レンズ」を 今のデジタル写真に活かす手として大いに興味あるものとなりました。


de   ハッスルブレッド

2010年10月17日 (日)

秋の豊後街道を駆ける(番外編)

熊本を離れやっと秋を感じ始めた豊後街道を車で駆けた Oct.16,2010
久留米から豊後街道沿いに日田へ向かい、さらに九重へ迂回。
その走行距離250kmを走破


まず最初は、久留米からスタート。

ここには、予てから一度は写真に収めたいと考えている 撮影スポット がある。
ぜひ一度撮影に臨んでみたかった場所だ。 それは、「巨瀬川(こせがわ)」という筑後川の一支流。  
当時の景観がそのままで、護岸には人工物のコンクリート類は見当たらないという。

遠来の者はこの地へ頻繁に来れないが、近郊の方々には定番の撮影地であることは違いないようだ。

それと言うのも、今回の撮影について熊本で懇意にして頂いた方から、微に入り細に入り ご教授いただいたから、寸分違わず現地入りできたことは言うまでもない。
日の出一時間前までには、すべての機材の据え付けを終わり待機することができた。
その頃から常連と思しき方が銘々に道具を携えて到着し、終に10名程になった。

でも、大事なことがある。
「撮影地でのマナーと心得」だ。 第一条は、まず最初に声をかけて あいさつ である。
このことから、すべてが スタートしていくもの と考えている。

撮影した幾枚かのカット、一枚目は穏やかにこれからスタート。
Kurume_blc7d_1010162865
夜明けの漁、愛犬が相方 Obt.16,2010

私が、この地で初めて撮影した日の天候にしては、先ず先ずの状態であったのだろう。
欲を言えばキリがない。
自然が相手であり、気象条件の善し悪しは如何ともし難いもの。

この頃の季節では、先ずはこの程度の状態から始まっていくようだ。
後は、撮影者は日参せよ と誰が言うまでもなく、普段の努力がものをいう  十分に理解できることだ。

この近くには 有名な 「善導寺」もある。
今回は時間の都合で参拝は叶わないが、せめて、所縁にと「JR善導寺駅」へ向かう。
これまた、何とも歴史を感じさせる駅舎がそのまま残されている。

Kurume_bll1010162588
通勤の方とオシャベリしながら一枚   Oct.16,2010

表現が稚拙で申し訳ないが、小用のトイレは昔懐かし あのタイプ であり、
JRの苦労が分るような気がする。  どこかの駅舎のスレート屋根は当然なのかも ・・・。

豊後街道筋のこの周辺を何度か車で通ったことはあるが、殆ど昔の出来事であり今の道路状況下では全く通用しない。
しかし、「車のナビゲーション」の手助けは有難いもの。
ただ、体内ジャイロ というか、感覚的にどちらかの方向へ向かうか 程度の予備知識があった方が、ドライブの安心感と満足感は格段に増える。

それは、熊本を出発し 久留米インターチェンジ を出た際のこと、
一般道へのナビ案内は最短コースを誘導してくれるが、敢えて旧来イメージがあった 文化センター通り の延長線上にある 県道53号線 を選んだ。
まあ、大したことではないが、昔ながらのイメージが少し眼に入りホッとした。


次は、豊後街道の宿場町であった吉井町 を散策する。

国道210号線沿いにも多くの 白壁土蔵の建造物 がある。
更には路地を分け入っても 重要建造物 も多く見聞することができる。
素人にも大いに価値ある建物だと分る位だ。

Kappa_bll1010162612
店頭に立つカッパがお出迎え  Oct.16,2010

Kurume_bll1010162619_2
土蔵群を流れる川    Oct.16,2010


ただ、後で分ったことだが、
これだけ広範囲に 土蔵造りの町並み が展開されている訳だが、車利用者には少し手間取ったというか、困ったことがあった。
国道210号線にも 白壁土蔵の建造物 が多いが、容易に駐車できそうな場所が運転しながらでも見付け難い。 建造物に割入って新しく駐車場を確保することには、無理があることも良く理解できる、が、何とか工夫してもらいたい と願う。

たとえば、 大駐車場までの目立つ誘導案内板 にも気付かなかった。
散策しながら、お尋ねし始めて 市の施設 を利用できることが分った。
スルーだけでは本当に勿体ない  

「無料大駐車場 完備」 ・・・  で、まず足を止めていただく・・・ これが一番
次に、散策してもらいながら、感動を与える    (レピータの増加策=宣伝費無料 )
その感動のバロメータとして お土産のお買い求め量 

 如何でしょう   か 吉井町の観光企画担当大臣殿 ?


その後は、少しUターンして 朝倉の三連水車 を見学。 
当然のことながら、水田には黄金色の稲穂が実っており、水車は稼働していません。

Kurume_bll1010162665
朝倉の三連水車(他にも二連水車あり)  Oct.16,2010

明け方の気温は相当に低いものでしたが、日中は気温も上昇し、時に眠気も増したが懸命に耐えて走りに走った。
車は 豊後街道 日田市 に別れを告げて、一路、くじゅう山系へと南下していく。

まだ、黄葉の時期には早いが、様子見を兼ね 長者原経由で行くことにした。
「九酔渓」も紅葉のメッカではあるが、まだまだ青葉の状態だ。
時間の余裕も無いことから、途中「九重夢の大吊橋」は、駐車場からの見物とした。

Kujyu_bll1010162669
九重夢の大吊橋(駐車場の観光写真用スポット付近)  Oct.16,2010


実は、この時間には無性に 蕎麦 を食したかったが、ここにも、更に 長者原付近でもお目にかかれなかった。 次のポイントに期待しスルーとした。

紅葉は 「牧の戸峠」の両サイドの山肌で、幾本かの木がスポット的に赤く色付いていたものの、まだまだ時期尚早だ。 これからの寒の強さ次第で一層に見頃を迎えることになることでしょう。



いよいよ、熊本県域へ入る。 
瀬の本高原から熊本寄りにある食事処で停車。 
ここは、通の間では定番である 「阿蘇五岳のビューポイント」が在る場所。

Aso_bll1010162673
阿蘇五岳のビューポイントにて  Oct.16,2010

やっとのことで、昼食の 「○○そば定食」にありついた。
地鶏の出汁が利いていたように思えた。l
お値段は、ご想像にお任せするとして・・・    安いか高いかは、価値観の差



これで、一日の撮影行が一通り終わった。

早朝、4時前からの出発で少し身体にツッパリが感じられるようになった。

あとは、阿蘇ミルクロードを下って、阿蘇くまもと空港寄りの国体道路を経て自宅へ戻る。

車の流れは、途中、産業道路の中心部へ向かう方向は 豊肥線の跨線橋 辺りから渋滞。 ノロノロ運転だが特段の事故もなし、九品寺交差点と一連の信号が連携せず、ただの自然渋滞。 脇道の宿命かナ。  

道中無事に 自宅へ安着


de  ハッスルブレッド

  

2008年6月20日 (金)

わがPC しばし検査入院

わが家のパソコンが 検査入院  しました。

一年半程の間、使用しているパソコンがこのところ不調の兆し。
出来るだけ手を尽くしたのですが、快適な動きまで 回復しません

とうとう、パソコンショップへ駆け込み、 検査入院 させることにしました。


皆様もご存じのとおり Windowsマシン は、使い込むほどにレスポンスが悪くなり、
ついには、「忍耐力」を超えるストレス に至るようです。

そもそも、使用済みの「アプリケーション」などを、頻繁に登録/削除 を繰り返すものなら、見た目には まっさらの空き地 でも、おっとどっこい キッチリ その情報は残骸として残っています。

変ですよ  ネ。 
不必要なもの として 使用者が抹消したものが残っているなんて。
ご存知でしょう、パソコンを廃棄処分する際には、
HDD(ハードディスクドライブ)を特別なソフトウェアにて 完全消去 する操作が必要なこと!!。


不調となる原因には、多くの要因があるようです。

例えば、
○不要なファイルやフォルダを削除する。 これとて、必要/不必要 が真に分からない。
○一時ファイル を削除する。  処理の際に、誤って必要なものまで削除してしまう。
○いわゆる ファイルの断片化
○禁断の レジストリ。 
など。

また、サクサク動作しないパソコン に苛立ちを感じる。
新品時のスタンドアローンでは難なく動くのが、インターネットへ接続したトタン、かったるい動き  殆どの方が体験されていることでしょう。

因みに、CPUは、Core(TM)2 6400@2.13GHz 、1GHz RAM とて、気持ちの範囲です。 やはり一番の決め手は、私のマシンではスパイウェアなどに代表される駆除ソフトなどの安全対策上から波及した 動作遅延 もあるようです。

 


ということから、しばし 入院 することになりました

都合一週間ほど我が家から離れていたマシンも診察を終えて戻ってきました。
原因は、ある種のドライバが災いを来たしていたとのコト。


やはり、総合的な診断を終えたせいか、キーの応答速度も早くなり、気持ち的にも快適な操作ができるようになりました。 
今回は無償修理でしたが、大切なことは、一時的に相当の技術料を支払うことも大変なことです。 転ばぬ先の杖  ことパソコンについては、いつ不調になるかは全く予測もつきません。
是非、安心のためにも 保険 はお掛けになったほうが 安心です。

de  ハッスルブレッド

2008年5月 2日 (金)

熊本城内にある樹木園

しばらくは熊本城に ちなんだお話 !!

ひのくに便りはしばらく熊本城下のお話で

熊本城内では今でも四季折々に草木が咲き誇り、市民の目を楽しませてくれる場所が幾つもあります。 ここ監物台樹木園(けんもつだいじゅもくえん)は、城内の一角に位置し、多くの樹木や草花が、季節に応じ花を付け憩いの場所を提供しています。

Tulip080502_ko001  この花は満開を過ぎているようですが、バラではなくチューリップの花。開ききった状態です。
今日(5月2日)の熊本地方は朝から上天気で、本来ならば写真撮影には不向きの天候であり、これをピーカンと呼んでいます。
しかし、スケジュールでは近いうちにこの熊本城内で撮影実習の予定が入っていることから、どうしてもロケハンが必要となっていました。

ここの園内は、チューリップや藤の花などが盛りを終え、初夏の花へと攻守交替の様子でした。

他方、熊本市には熊本市動植物園なども花だよりを聞かしてくれますが、樹木の管理面などからは、ここの樹木園が優れています。  もっとも、ここの管理母体は「熊本森林管理局」であり、その道のエキスパートであることからも分かります。

Ibara080502_ko020_2 園内の奥まったところにはナニワイバラが真っ白い花弁を広げていました。 白い花びらはどうしても旬を過ぎれば斑点が目立ち易いことから、撮影の対象としても気を使います。 ややもすれば撮影後にこのことが分かり、残念な結果で終わることもあります。

その他には、園芸種の花々が幾種類か咲いていましたが、園内は次の品種の植え付け準備なのでしょうか。
土壌の調整・準備などで植地は閑散としていました。

Hana080502_ko035 園内を一周して出口付近であまり目にしたことのない花を見つけました。 何と言う名前なのか 分かりませんが、花の形状が変わっていて、色合いも印象強いものでした。


この監物台樹木園は、城内にありながら奥まった所で人通りからも離れています。 静閑な場所であり常連客には癒しの場所ともなって人気があるそうです。

・・・ ここから、写真に関することについて (スキップしてもOKです)・・・

今回は、リバーサルフィルムによる撮影です。

写真機:ミノルタ社製一眼レフカメラ α7、 フィルム:コダック社 E100VS
スキャナ:ミノルタ社製スキャナ Elite 5400, ソフト:フォトショップCS
写真データ 写真上:AFマクロ 100mm/2.8、 写真中:AF ZOOM 75-300mm/4.5-5.6、 写真下:AFマクロ100mm/2.8

これらの機材については、現在では製造されていないもの。ストック品か中古品しか入手する方法はありません。 私も、最近になってどうしたことか品揃えをしたものです。
どうしても、ミノルタを使ってみたかったのです。ハイ 。
 
ところで、所有するレンズ個体での評価なのですが、
(1)AFマクロについては、マニュアルフォーカスで期待するものがありました。 また、一部のコマでは、背景との距離の不具合でボケ味に納得がいかないものがありました。
(2)AF ZOOM 75-300mmについては、残念ながら「絞り値」の設定如何では、口径食を生じています。 もう少し検証してみる必要があります。

今回は、デジタルカメラを離れてフィルムによる撮影です。 原版からスキャナでデジタル化を行う訳ですが、正直なところ印画紙への印刷過程までを考えれば相当に撮影データから幾多のデータ変換が行われることになるのですネ。
よ~く考えてみれば、元データが幾重にも幾重にも塗り替えられることなんだナと思うと、 タイヘン 怖クナッテシマイマシタ。 ハイ。


レンズなど使用する機材への思い入れは各人各様です ネ。
自らで体験しながら、一つひとつを試しつつ、良いモノをストックしていくのが何よりの策なのでしょうか・・・。

de   ハッスルブレッド

2007年12月24日 (月)

写真大好き人間です

専ら写真をこよなく愛しています。

ここ熊本 は、九州の中央部に位置し、山は阿蘇・海は天草と大変、風光明媚(ふうこうめいび)な所です。